@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千屋牛【チヤギュウ】

デジタル大辞泉

ちや‐ぎゅう〔‐ギウ〕【千屋牛】
《「ちやうし」とも》岡山県新見市育される黒毛和種銘柄牛江戸時代同地で改良された蔓牛系統を受け継いでいる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

千屋牛(ちやぎゅう)
岡山県新見千屋地区を中心に肥育される黒毛和種の牛肉うち一定基準を満たしたもの。地域団体商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちやうし【千屋牛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域ブランド・名産品

千屋牛[畜産]
ちやぎゅう
中国地方、岡山県の地域ブランド。
岡山県新見市千屋地区を中心に肥育された肉。1834(天保5)年、新見市千屋において製鉄業を成した太田辰五郎が、和牛のセリ市場を創設し飼育普及につとめたことで、千屋牛の基礎がつくられた。日本最古のつる牛である竹の谷蔓牛の血統をひいている。ほどよい霜降りと赤身が特徴。2007(平成19)年6月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5054531号。地域団体商標の権利者は、阿新農業協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千屋牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千屋牛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation