@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千木【ちぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千木
ちぎ
神社の大棟両端に載せたX字状の材。堅魚木 (かつおぎ) とともに神社建築のシンボル。元来は破風の先端が延びて交差していたが,雨仕舞の関係から別材として棟上にくようになった。比木ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ち‐ぎ【千木】
社殿などで、破風の先端が棟上にのびて交差した木。先端が縦削ぎ・横削ぎのもの2種があり、横削ぎのものは氷木(ひぎ)ともいう。棟上に別に取りつけた置き千木もある。
草葺(くさぶ)き民家の大棟に上げてあるX字形の組み木。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちぎ【千木】
大棟の上にあげられたX字形に交叉する組木。発生的には,垂木(たるき)や破風(はふ)板の上端を棟より長く突き出したものと,大棟や屋根葺き材が風でとばされるのを防ぐために重みとしてあげたものとがある。千木は古墳時代の家形埴輪や家屋文鏡にのこされた豪族の住宅,各時代の神社建築にみられ,現在では神社建築を象徴する一つの要素となっている。ただ,現在も伊勢神宮仁科神明宮では,破風板を上までのばして千木としているが,他の多くの神社では破風板や垂木とはまったく別の交叉した材を大棟の上に置き,いわゆる置(おき)千木としている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

千木
ちぎ

神社本殿の棟(むね)の両端に交差して立つ飾り。伊勢(いせ)神宮では破風(はふ)の上端が屋根を貫いて出て、千木となる。一般には棟上に互いに交差した千木をのせただけで、これを置(おき)千木という。古墳時代の埴輪(はにわ)には、棟の両端だけではなく中間にも数組の千木のあるものもあり、これは垂木(たるき)の上端が屋根を貫いたものらしい。千木には矩形(くけい)の穴があけられており、これを風切穴(かざきりあな)という。千木上部が水平になる内殺(うちそぎ)と、外側が垂直になる外殺(そとそぎ)があり、前者は女神、後者は男神が祭神の本殿を飾る千木というが、例外もある。また、奈良県や宮崎県の茅(かや)屋根の民家にみられる棟上の組木(くみき)も、千木とよばれている。ほかの地方の民家でもこの種の組木がみられるが、それらは「うま」「くら」「くらかけ」とよばれている。

[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation