@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千歳【ちとせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千歳
ちとせ
大分県南西部,豊後大野市北東部の旧村域。大野川の中流域にある。 2005年朝地町,犬飼町,大野町,緒方町,三重町,清川村と合体し,豊後大野市となる。大部分は阿蘇溶岩の丘陵台地からなり,畑作畜産タバコ栽培が行なわれる。大野川とその支流の茜川が浸食してできた沖積地には水田が多い。平尾社の石造宝塔,大迫石仏など,貴重な石造遺物が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐ざい【千歳/千載】
千年。長い年月。ちとせ。「名を―に残す」
(千歳)の「(おきな)」で、翁の露払いとしてう直面(ひためん)の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐とせ【千歳】
千年。せんざい。転じて、長い年月。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちとせ【千歳】[地名]
北海道南西部の市。札幌市南東に位置し、新千歳空港がある。交通要地。人口9.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

千歳
石川県金沢市、森八が製造・販売する銘菓求肥小豆餡を包み紅白和三盆をまぶしたもの。古くは「千歳鮓(すし)」と呼ばれた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千歳
大日本帝国海軍の航空母艦。千歳型母の1番艦。水上機母艦からの改造空母。1943年改造完了。マリアナ沖海戦に参加。エンガノ岬沖海戦にて沈没(1944年10月)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんざい【千歳】
能の《翁(おきな)》(《式三番》)に登場する役。翁が面をつけるときには脇座にいて両手をつき平伏している。翁の謡のあと〈鳴るはの水,鳴るは滝の水,日は照るとも〉と謡いながら立ち上がり,〈たえずとうたり,常にとうたり〉の謡に続いて〈千歳ノ舞〉を舞う。前後2段に分かれ,軽快な足拍子を踏んでのはつらつたる舞事である。千歳の役は《翁》一番の露払いとしての役割をもち,上掛り(かみがかり)(観世宝生)ではシテ方演者が勤め,別に狂言方の面箱持(めんばこもち)の役も登場するが,下掛り(しもがかり)(金春,金剛,喜多)では狂言方の演者が千歳を勤め,面箱持をも兼ねる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せんざい【千歳】
御神楽(みかぐら)に歌われる神楽歌曲名現行歌詞は本歌〈千歳 千歳 千歳や 千年(ちとせ)の 千歳や〉,末歌〈万歳(まんざい) 万歳 万歳や 万世(よろずよ)の 万歳や〉,本歌〈なほ千歳〉,末歌〈なほ万歳〉。この曲は,前(さいばり)といわれる民謡風の歌群の最終部に歌われるが,歌というより祝言の呪文のようなもので,《鍋島本神楽歌》《楽章類語鈔》などにはこれの曲名に《千歳法》とあって,下に〈しかさへづる声〉と注記がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんざい【千歳】
千年。長い年月。千載。 名を-に残す
能の「翁おきな」で、侍烏帽子に素襖すおうを着け、小刀を佩き、翁に次いで謡い舞う翁の露払い役。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちとせ【千歳】
千年。また、長い年月。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちとせ【千歳】
北海道西部、札幌市の南東にある市。新千歳空港は北海道の空の玄関口。食品工業などが立地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

千歳
(京都府亀岡市)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちとせ【千歳】
北海道南西部の地名。昭和一〇年(一九三五)金・銀を産する千歳鉱山が操業を開始し、同一四年に旧海軍の航空隊基地が設置されてから急速に発展。新千歳空港は北海道の空の玄関口として全国各地の空港と結ばれ、また、空港地下にはJR線が乗り入れる。昭和三三年市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千歳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千歳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation