@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千石船【せんごくぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千石船
せんごくぶね
日本の木造の巨大帆。米 1000を積める能力から,江戸時代普遍化した大型荷船の俗称。本来は,その船の積石数を表わしたもの。室町時代の千石船はそれにあたるが,江戸時代に入って国内海運が発展し,1000石積前後の弁才船 (弁財船とも書く) が普及すると,積石数の大小にかかわらず大型廻船弁才船の両方の意味をもたせた千石船の呼称が定着した。江戸時代には巨大船の建造幕府から制されたので,表向きは建造されなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんごく‐ぶね【千石船】
米千石程度を積める船。江戸時代には弁才船(べざいせん)の俗称となった。千石積み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

千石船
 江戸時代の大型和船のことをいいます。米1,000石が積めるということですが、最大の船は2,500石も積むことができました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんごくぶね【千石船】
江戸時代,日本の商船のほとんどすべてを占めていたベザイ船(せん)(縁起をかついで弁財(才)船の字をあてることが多い)の俗称。本来,船種や船型の名称ではなく,〈もみ米1000石(約150t)を積載できる船〉の意であるが,その語呂のよさを好まれてか,現代では和船の代名詞のように流布している。もちろん木造船で,(1)船体は厚板と横通梁(おうつうはり)だけで構成される,いわば堅固な板船で,洋式船や中国式船のように肋骨や縦通材は用いない,(2)甲板の大部分は揚板式になっていて,荷役に便利ではあるが水密性に欠ける,(3)鳥のくちばしのような巨大な船首材(舳(みよし))と,を抱えて反り上がった底なしの張出し船尾(外艫(そとども))をもつ,(4)四角柱の単檣(たんしよう)と,それに正中にかかる四角の単帆をもち,このため風上への航走(タッキング)は至難である,(5)天測儀の携行を禁じられていたため陸測航法によるほかなく,これが荒天時に難船,漂流の主因となるなどがおもな特徴であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんごくぶね【千石船】
米千石の重量の荷物を積み得る荷船の総称。しかし、江戸時代の大型荷船が弁財船で占められ、千石積みを大型の基準としたため、いつか積石数に関係なく弁財船の別名となった。大型船は二千石積みに及ぶ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千石船
せんごくぶね
もとは米1000石を積む船のことをいったが、江戸時代になると、1000石積み級の荷船をさし、とくに大型の廻船(かいせん)の呼称となった。正式には弁才船(べざいせん/べんざいぶね)とかベザイ造りとよばれ、17世紀後半に瀬戸内海で発達してきた和船で、1本の帆柱と大きな横帆をあげて帆走するのが特色。古代・中世の和船が、櫓(ろ)で漕(こ)ぐのを主とし、帆走は補助的手段であったのに対し、根本的に異なっていた。1000石積み船で帆反数が25反、乗組員15人で、これが1600石積み船では30反、20人が普通であった。江戸時代の経済の発展は、この千石船の活動によるところ大で、江戸―大坂間を頻繁に往復していた菱垣(ひがき)廻船や樽(たる)廻船、また江戸後期から明治時代にかけて北海道と瀬戸内・大坂を結んで活躍した北前船(きたまえぶね)などは、その典型的なものであった。とくに江戸後期には横風や逆風時の帆走技術も上達して、航海速力もスピードアップしていく一方、船体も前期の平均500石積みから後期には1800石積みにまで大型化し、商品流通を著しく拡大していった。[柚木 学]
『須藤利一編著『船』(1968・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんごく‐ぶね【千石船】
〘名〙 米千石相当の積載量を有する荷船の汎称。中世以来、船型には関係なく大型荷船の一つの基準とされていたが、近世後期に至り弁才船が全国的に普及すると、弁才船の俗称として、積載量の大小にかかわらず用いられた。当時の千石積弁才船は、大略全長八〇尺(約二四メートル)、航(かわら)の長さ四六尺(約一四メートル)、深さ八・五尺(約二・六メートル)ほどの寸法をもつ帆走専用の一枚帆(二五反帆)の船で、菱垣廻船・樽廻船・御城米船など海運の主力となり、乗組員は一二人から一六人ですむ、経済性に富む船であった。千石積。
※大乗院寺社雑事記‐寛正二年(1461)九月五日「一、兵庫管領方千石船并十艘船以下可停止之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

千石船
せんごくぶね
江戸時代の大型和船
米1000石を積める船の称であるが,最大の船は2500石に及ぶ。海運業の発達の結果で,1635年幕府の500石以上の大船建造の禁は1638年商船に限り解除された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千石船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千石船の関連情報

関連キーワード

エイリク・ベラス ラルセンエイリク・ベラス ラルセンシャニー デービスジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛アポロ・アントン オーノ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation