@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千石豆

デジタル大辞泉プラス

千石豆
フジマメの別称岐阜県では、「飛騨・美濃伝統野菜」に認証されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

千石豆 (センゴクマメ)
植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。フジマメの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

千石豆[豆類]
せんごくまめ
東海地方、岐阜県の地域ブランド
主に岐阜市南部で生産されている。明治時代初期に栽培が始まったという。三日月型で、若莢を食す。肉厚で独特の風味があり、和えもの・煮物などに利用される。4月下旬から10月下旬にかけて収穫。飛騨・美濃伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんごく‐まめ【千石豆】
〘名〙 植物「ふじまめ(藤豆)①」の異名。《季・秋》 〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千石豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千石豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation