@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千葉茂【ちばしげる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

千葉茂
ちばしげる
[生]1919.5.10. 愛媛
[没]2002.12.9. 東京,新宿
プロ野球選手,野球評論家。松山商業学校時代の 1935年夏,阪神甲子園球場で全国の中等学校野球大会(→全国高等学校野球選手権大会)を制した。1938年投手として東京巨人軍(1947年より読売ジャイアンツ)に入ったが,打撃を買われ二塁手に転向した。1942年から兵役につく。第2次世界大戦終結後の 1946年に巨人に復帰。名二塁手として鳴らし,川上哲治,青田昇らと巨人の黄金期をつくり,戦後のプロ野球復興に尽力した。1956年に現役引退。15年間で 1512試合に出場。通算成績は 5643打数,1605安打,打率 2割8分4厘。96塁打,691打点。1949年にシーズン 121得点を記録。ライト打ちの名手だった。1959年に近鉄バファロー監督に就任,1961年まで采配を振った。千葉愛称の「猛牛」にちなみ球団名称が近鉄パールスから近鉄バファローに改称された。1962年から評論家。1980年に野球殿堂入り。(→プロ野球

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちば‐しげる【千葉茂】
[1919~2002]プロ野球選手・監督。愛媛の生まれ。昭和13年(1938)巨人入団し、二塁手として活躍。同球団の黄金時代を築く。「猛牛」とよばれて人気を集め、打撃だけでなく守りの巧みさでも高く評価された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千葉茂 ちば-しげる
1919-2002 昭和時代のプロ野球選手,監督。
大正8年5月10日生まれ。昭和10年松山商業の8番,左翼手として夏の甲子園優勝。13年巨人に入団。二塁手。ライト打ちを得意とし,川上哲治,青田昇らと第1期,第2期黄金時代をきずく。猛牛の愛称でしたしまれた。実働15年,通算1605安打,2割8分4厘,96本塁打。34-36年近鉄監督。55年野球殿堂入り。平成14年12月9日死去。83歳。愛媛県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

千葉茂
ちばしげる
(1919―2002)

プロ野球選手(内野手:右投右打)、監督。5月10日、愛媛県生まれ。松山商で1935年(昭和10)に夏の甲子園大会に出場して優勝した。1938年から東京巨人(現、読売ジャイアンツ)の一員となり、名手三原脩(おさむ)から二塁守備を教え込まれた。翌1939年からは引退した三原にかわって正二塁手となり、堅実な守備で名人とうたわれ、またそのプレースタイルから「猛牛」の愛称で親しまれた。1942年から兵役につき、1946年に復帰。1947年から1953年まで連続してベストナインに選ばれたが、二塁手で同賞7回受賞はプロ野球記録である。その巧守とともに有名だったのが、ライト方向への流し打ちと粘り強いバッティング。タイトルとは無縁ながら、チームプレーに徹した打撃で多くの勝利をもたらし、巨人の第一期、第二期黄金時代を攻守両面で支え続けた。1956年に引退、その背番号3は長嶋茂雄(しげお)に引き継がれた。1959年から3年間、近鉄バファロー(のち近鉄バファローズ、大阪近鉄バファローズ)の監督を務めた。近鉄は、前年まで愛称をパールスとしていたが、千葉の監督就任を機に、彼の現役時代の愛称にちなみバファロー(水牛、野牛)に変更した。

[出村義和 2016年9月16日]

 選手としての実働15年間の通算成績は、出場試合1512、安打1605、打率2割8分4厘、本塁打96、打点691。獲得したおもなタイトルは、ベストナイン7回。監督としての通算成績(3年)は、322試合、91勝229敗2分け、勝率2割8分4厘。1980年(昭和55)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。

[編集部 2016年9月16日]

『千葉茂著『猛牛一代』(1977・恒文社)』『千葉茂著『猛牛一代の譜――無冠のセカンド讃歌』(1983・ベースボール・マガジン社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉茂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千葉茂の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーマイケル フェルプスカースティ コベントリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation