@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

千里【センリ】

デジタル大辞泉

せん‐り【千里】
1里の1000倍。転じて、きわめて遠い所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐さと【千里】
数多くの村里。
「月清みよもの大空雲消えて―の秋をうづむ白雪」〈拾遺愚草・上〉
たいへん遠い道のり。せんり。
「―を行くも親心、子を忘れぬと聞くものを」〈謡・隅田川

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんり【千里】
一里の千倍。
遠く離れていることにいう。また、その所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちさと【千里】
多くの村里。 -は同じ霧の内にて/秋篠月清集
非常に長い距離。また、非常に遠い所。せんり。 はるばると-の程を隔てては/古今六帖 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐り【千里】
〘名〙 一里の千倍の距離。約三九三〇キロメートル。転じて、千里ほどの遠い所。遠方。千里におよぶほどの広い地域。
※懐風藻(751)暮春曲宴南池〈藤原宇合〉「夫王畿千里之間、誰得勝地
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「都鄙参詣の良賤、千里(センリ)を遠しとせず」 〔詩経‐商頌・玄鳥〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐さと【千里】
〘名〙
① 多くの村里。あちこちの村々。
※長秋詠藻(1178)中「月清み宮この秋をみわたせばちさとにしける氷なりけり」
② 長い道のり。遠い距離。また、はるかかなたの所。せんり。
※古今六帖(976‐987頃)五「はるばると千さとの程をへだててはまれの使ひもうれしかりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

千里 ちり

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

千里の関連情報

関連キーワード

エイリク・ベラス ラルセンエイリク・ベラス ラルセンシャニー デービスジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛アポロ・アントン オーノ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation