@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

半井卜養【なからい ぼくよう】

美術人名辞典

半井卜養
江戸初期の医者・俳人の人。牡丹花肖柏の孫。俳諧松永貞徳に学ぶ。狂歌にも巧みであった。幕府に召され法眼となる。延宝6年(1678)歿、72才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

なからい‐ぼくよう〔なからゐボクヤウ〕【半井卜養】
[1607~1679]江戸前期の俳人・狂歌師。の人。名は慶友。幕府の医師として江戸に招かれた。俳諧を松永貞徳に学び、和歌連歌・狂歌をよくした。家集「卜養狂歌集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

半井卜養 なからい-ぼくよう
1607-1679* 江戸時代前期の医師,俳人。
慶長12年生まれ。半井云也(うんや)の子。寛文6年幕府の番医となり,のち典薬頭(てんやくのかみ)。かたわら,松永貞徳(ていとく)に俳諧(はいかい)をまなび,江戸俳壇の草分けのひとりとなる。即興の狂歌も得意とした。延宝6年12月26日死去。72歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は慶友。別号に奇雲,牧養,雪嶺,宗松。作品に「卜養狂歌集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なからいぼくよう【半井卜養】
1607‐78(慶長12‐延宝6)
江戸初期の狂歌師,俳人。通称は半井宗松。別号は慶友。堺の医師で,のち江戸に出て幕府の医官になり法眼に叙せられた。江戸俳諧の草分けの一人で江戸五俳哲の一人に数えられ,また即興的な狂歌の名人として聞こえた。狂歌家集に《卜養狂歌集》《卜養狂歌集拾遺》があり,仮名草子《和薬物語》の作もある。〈又と世にあるものでない過去未来源左衛門が舞のなりふり〉(《卜養狂歌集》)。【森川 昭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

半井卜養
なからいぼくよう
[生]慶長12(1607).堺
[没]延宝6(1678).12.26. 江戸
江戸時代前期の俳人,狂歌作者,医師。初号,慶友。法号,牧羊軒雪領宗松。大徳寺の江月和尚は母方叔父,翠巌和尚は実弟。父云也 (うんや) の影響で早くから俳諧,狂歌をたしなんだ。寛永末江戸に下り,やがて医師として幕府に仕え,延宝1 (1673) 年法眼。交遊談笑の間に俳諧,狂歌を詠じ,特に即興的,機知的な狂歌で有名。江戸俳壇草創期の中心人物の一人で,江戸五哲の一人。『卜養狂歌集』,戯文『酔笑庵之記』 (74) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

半井卜養
なからいぼくよう
(1607―1678)

江戸前期の俳人、狂歌師。別号慶友、宗松。堺(さかい)の人でのち江戸に住した。医学の名家半井氏(本姓和気(わけ)氏)の支流で、代々文事をたしなんだ。卜養も医を業とし、寛永(かんえい)(1624~44)年中からたびたび幕府に召され、1666年(寛文6)御番医師、1673年(延宝1)法眼(ほうげん)になった。俳諧(はいかい)は貞徳に批評を請い『犬子(えのこ)集』に多数入集、江戸五俳哲の一人に数えられた。作風は口拍子にかかりリズミカルな点に特徴がある。狂歌もたしなみ、即興歌の名人として聞こえた。家集『卜養狂歌集』『卜養狂歌集拾遺』のほか、仮名草子『和薬(わやく)物語』がある。

 うち出(いず)る月は世界の鉄砲洲(てっぽうず)たまのやうにて雲をつんぬく
[森川 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なからい‐ぼくよう【半井卜養】
江戸初期の俳人・狂歌師。和泉国(大阪府)の人。医を業とし、江戸に召され、御番医師となる。貞門で江戸五俳哲の一人。和歌、連歌、狂歌にもすぐれた。著「卜養狂歌集」「卜養狂歌拾遺」「奴俳諧」など。慶長一二~延宝六年(一六〇七‐七八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半井卜養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半井卜養の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation