@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

半陰陽【はんいんよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

半陰陽
はんいんよう
hermaphroditism
外陰部を見ても性別判定が困難という先天異常の総称。学問的定義では,性腺の種類 (精巣卵巣か) と外陰部または内性器発達が食違うものをいう。きわめてまれなので分類法は確立していないが,性腺の種類を基準とした次の分類が一般的である。 (1) 真性半陰陽 同一人が精巣と卵巣をもっているもの。外陰部はどちらかといえば女性型。 (2) 混合型性腺異発生症 一方が精巣,他方は精巣とも卵巣ともつかぬ未分化のもの。外陰部は判別困難。 (3) 男性半陰陽 性腺は精巣だが,内外性器が異常。睾丸性女性化症や,腟をもつ尿道下裂がこれに属する。 (4) 女性半陰陽 性腺は卵巣。内性器も女性型。外陰部のみがまぎらわしい。副腎性器症候群がこれに属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐いんよう〔‐インヤウ〕【半陰陽】
染色体性腺性器などが男性型・女性型のどちらか一方に統一されていないか、またはあいまいな状態で、男女の判定が難しい状態。ふたなり。→性分化疾患

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

はんいんよう【半陰陽】
 外生殖器の外見が男とも女ともつかず、両方の性の特徴を合わせもっている異常です。男と女の2つの形を具(そな)えているので、ふたなりとも呼ばれます。
 半陰陽には、男女両方の性腺(せいせん)(卵巣(らんそう)と精巣(せいそう))をもつ真性半陰陽(しんせいはんいんよう)、性腺は精巣なのに腟(ちつ)があったり、陰茎(いんけい)などの性器が女性化している男性仮性半陰陽(だんせいかせいはんいんよう)、性腺は卵巣なのに外生殖器が男性化している女性仮性半陰陽(じょせいかせいはんいんよう)の3種類があります。
 一般に、治療はかなりむずかしいものです。できるだけ早く男か女かを正しく診断し、それに基づいた治療計画をたてることがたいせつです。
 そのためには、経験豊かな医療機関を受診して、診断してもらうようにしましょう。
 性の決定は、遺伝的な性に合わせるのが望ましいのですが、性器の形などから、どうしてもむりなことがあります。
 この場合は、やむをえず遺伝的性と反対の性を選ぶことになります。
 診断された性が、戸籍の性と反する場合、性の変更をすることもあります。
 治療は、決定した性に合わせて、性腺を摘出したり、性器を形成します。
 性器の形成は、女性側に形成するほうが、男性側に形成するより容易です。したがって真性半陰陽の場合、女性を選択するほうがよいでしょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

はんいんよう【半陰陽 hermaphroditism】
同一人の性器に男女両性の要素が存在するものをいう。欧米語はギリシア神話ヘルマフロディトスに発する。俗には〈ふたなり〉とも呼ばれ,高等動物,主として哺乳類にもみられる。男女の性は,普通は受胎と同時に起こる性染色体の組合せによって決定される。男性はXY,女性はXXの性染色体構成をもち,正常な胎児では性腺分化,すなわち男児では睾丸,女児では卵巣が発達する。睾丸からは,男性器のもととなるウォルフ管発育を促進し,女性器のもととなるミュラー管の発育を抑制する男性ホルモンが分泌される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんいんよう【半陰陽】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

半陰陽
はんいんよう
hermaphroditismintersex
性の分化発達の過程で生じた単体奇形の一種。性はいくつかの段階を経て分化してくるもので、その最初は、卵と精子が結合した瞬間に決まる性「染色体による性」chromosomal sexあるいは「遺伝的性」genetic sexであり、ついで受精卵が卵分割をおこし、各種の臓器を形成していくが、その一つとして性腺(せん)も形成される。その段階の性が「性腺による性」gonadal sexである。続いて内性器および外性器系が性染色体や性腺と一致した方向に分化して個体の性が完成する。この性が「内性器の性」ductal sexおよび「外性器の性」genital sexである。半陰陽は、このような一連の性の分化発達過程のうち「性腺の性」の段階以降にみられる異常で、次のように分けられる。
(1)真性半陰陽 精巣(睾丸(こうがん))と卵巣の両方の組織を有する場合をいい、精巣と卵巣が別々に存在するものと、一つの性腺内に両方の組織が共存するもの(卵巣精巣ovotestis)とがある。性染色体はXX/46がもっとも多く、ついでXY/46が多い。またXY/XXのモザイクも認められるが少ない。Y染色体が存在しないのに精巣が発生するのはY染色体上に存在する精巣決定因子(TDF)が他の染色体上に転座しているためである。外性器には尿道下裂があり、男女の区別が困難なことが多い。また内性器系では、腟(ちつ)や子宮が存在する。
 この真性半陰陽に対して仮性半陰陽があり、男性半陰陽と女性半陰陽に分けられる。
(2)男性半陰陽 性染色体構成XY/46で性腺も両側精巣であるが、内・外性器系が女性型へ偏向しているもので、その典型が精巣性女性化症である。男性半陰陽は、男性化障害とミュラー管退行障害に大別されており、男性化障害はさらにテストステロン生合成異常によるものと、テストステロン発現異常によるものに分類される。
(3)女性半陰陽 性染色体、性腺、内性器は女性型であるが、外性器が男性化を示すもので、その多くは副腎(ふくじん)皮質における先天性酵素欠損による副腎過形成(副腎性器症候群)である。このほか、母体から男性ホルモン様作用を受けておこるものもある。この場合は非進行性である。
(4)混合型性腺形成不全症 性腺が一側は索状性腺で、他側が精巣であり、性染色体構成は基本的にはXO/45とXY/46のモザイクを示す。外性器は男女いずれとも識別しにくいことが多く、内性器では子宮が存在する。この半陰陽の索状性腺あるいは精巣から腫瘍(しゅよう)の発生する率が高い。
 半陰陽の治療は、それぞれのタイプによって異なるが、性を決定する場合には、どちらの性でどのくらい養育されてきたか、形成手術の可能性、本人の希望、家族の希望などを十分に考慮して決定しなければならない。[白井將文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐いんよう ‥インヤウ【半陰陽】
〘名〙 性別のはっきりしない一種の異常。染色体異常が一因でおこる。女性の性染色体XXと男性の性染色体XYが同一の個体にモザイク状に存在する。陰茎睾丸をそなえていながら外陰部が女性のようなもの、女性であるのに性器の一部が肥大して陰茎のようにみえるもの、睾丸と卵巣を同時にそなえていて男女の区別が困難なものなど、さまざまな程度のものがある。ふたなり。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉男に乳房のある理由「姙娠後の三ケ月間は、胎児に男女の差別が無く、半陰陽(ハンインヤウ)の体(てい)であるのが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

半陰陽
はんいんよう
Intersexuality
(女性の病気と妊娠・出産)

どんな病気か

 半陰陽とは、性腺と性器の性分化の間に矛盾(むじゅん)のある個体のことをいいます。

 性腺として卵巣(らんそう)精巣(せいそう)の両方をもつものを真性(しんせい)半陰陽、また、性腺は卵巣で内性器も女性型に分化するけれども、外性器が男性型に分化するものを女性半陰陽、性腺は精巣で内性器・外性器が女性型に分化するものを男性半陰陽といいます。

原因は何か・症状の現れ方

 真性半陰陽の原因は不明です。性染色体(せいせんしょくたい)は女性型(46,XX)が最も多く、ついで男性型(46,XY)、モザイク(46,XXと46,XYの細胞が混在するもの)です。卵巣と精巣は同側にあることも対側にあることもあり、また、卵巣睾丸(こうがん)としてひとつの性腺に両者が混在することもあります。

 内性器は子宮と卵管をもつことが多く、とくに卵巣のある側で卵管が発達し、輸精管(ゆせいかん)や副精巣は精巣のある側で発達します。外性器は陰核(いんかく)陰茎(いんけい)様肥大を伴う女性型であることが多いですが、男性型である場合もあり、さまざまです。それに伴い、腟や尿道の開口部も多様になります。

 性機能は卵巣、精巣それぞれから性ホルモンの分泌がみられます。子宮がある場合には月経を認め、まれには造精機能をもつ例もありますが、妊孕性(にんようせい)はありません。

 女性半陰陽の性腺は卵巣であり、性染色体も女性型(46,XX)ですが、胎児期の過剰な男性ホルモンに曝露(ばくろ)されることで、外性器が男性型に分化します。その男性ホルモンの由来としては、コルチゾール生合成系の遺伝性酵素障害(先天性副腎性器(ふくじんせいき)症候群)と、母体へのホルモン投与、あるいは母体の男性化胚細胞腫(はいさいぼうしゅ)などがあります。

 男性半陰陽の性腺は精巣であり、性染色体も男性型(46,XY)ですが、胎児期の男性ホルモン作用の欠如により、内外性器が女性型に分化します。その原因として男性ホルモン受容体の異常によるもの(精巣性女性化(せいそうせいじょせいか)症候群)と、男性ホルモン合成酵素異常によるものがあります。

治療の方法

 半陰陽に対する治療は、本人の心理的適応性と希望を重視して、成長後に養育された性の方向へのホルモン療法や、形成外科的治療を行うことが多くなっています。

百枝 幹雄

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半陰陽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

半陰陽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation