@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卍字文【まんじもん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

卍字文
まんじもん

如来(にょらい)の胸や手のひら、足の裏などにみられる象徴。ヒンドゥー教、仏教などで吉祥瑞兆(ずいちょう)文として用いられ、またキリスト教においても十字文の変形として使用された。文様としては、中心から周囲に右旋回する右万字()と、左旋回する左万字(卍)に大別される。右・左万字の先端がさらに屈折し、連続していくと、万字崩(くず)し、万字繋(つな)ぎとよばれる地文となる。これはアッシリア、ギリシア、ローマ、インド、中国など、古代文明が栄えた世界各地で発見される文様である。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卍字文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卍字文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation