@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卒中

栄養・生化学辞典

卒中
 臓器内の出血血栓などが原因で,症状が急激に出ること.脳卒中といわれた症状について,近年,この用語は使われず,脳血管障害といわれる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そっちゅう【卒中】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

卒中
そっちゅう

突然に急激な症状を発作的におこす場合を一般に卒中といい、脳の出血、血栓などの循環障害によって、突然に意識障害や運動麻痺(まひ)をおこす脳卒中がその代表である。肥満型の体型の者は脳卒中をおこすことが多いために、とくに卒中体質とよぶこともある。また、血液循環障害の一つである塞栓(そくせん)症において、あらかじめうっ血状態にある肺にきわめて大きい肺動脈塞栓症がおこると急死することがあり、これを肺卒中というのに対して、大脳に塞栓症を広範に生じた場合を脳卒中ということもある。

[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そっ‐ちゅう【卒中】
〘名〙 脳動脈に生じた出血や血栓などの障害のため、突然意識を失って倒れ、運動・言語などの障害が現われる疾患の総称。脳出血・蜘蛛膜下(くもまくか)出血・脳梗塞など。脳卒中。卒中風(そっちゅうぶ)。卒病。
※一本堂行余医言(1788)一八「医俗謂之卒中風、又曰卒中」 〔医学綱目‐卒中暴厥〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そっ‐ちゅう【卒中】
脳卒中のこと。発作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卒中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卒中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation