@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卓状地【たくじょうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

卓状地
たくじょうち
tableland
上部層が削剥された水平な硬岩層の地層面から成り,平坦面の縁が急崖によって限られたテーブル状の地形地盤が安定した大陸地域に存在し,一般に広大な面積を占めることが多い。典型的な例はアフリカ南端に近い喜望峰の背後にそびえるテーブルマウンテンなどである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たくじょう‐ち〔タクジヤウ‐〕【卓状地】
安定大陸を成す基盤岩の上を、堆積物が薄く覆った広大なテーブル状の地形。辺縁部は急崖となる。シベリア卓状地、ロシア卓状地などが知られる。基盤岩が地表に露出したものは楯状地といい、卓状地に囲まれる。プラットホーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

卓状地
(1) 安定なクラトン地域では,地層の分布が少なく比較的薄い堆積物の地域をいう.(2) 地形学的には,非常に広範に広がった平坦な表面をもつ高原で,一般に浸食で形成された起伏のない地域をいう.これらの中で上位の堆積物を欠いたものをマッシーフ(massif)または地塊(block)という[木村ほか : 1973].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たくじょうち【卓状地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

卓状地
たくじょうち

安定陸塊の一部で、先カンブリア時代など古い地質時代に造山運動を受けてすでに固化した基盤岩類の上に、より若い堆積(たいせき)物がほぼ水平にのった広大な地域をいう。ロシア卓状地、シベリア卓状地などがその例である。世界の大陸はいくつかの卓状地を主骨格として含んでいる。若い堆積物を欠き、基盤岩類が直接地表に露出したものが楯状地である。なお、地形学では、単に起伏のほとんどない広大な高原をさすこともある。

[岩松 暉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たくじょう‐ち タクジャウ‥【卓状地】
〘名〙 地形学で、台地をいう。テーブル状に、周囲より高くて平らな地形。また、地質学では、広大な地域にわたって、地層が平らに分布しているところをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卓状地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卓状地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation