@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卓袱台【チャブダイ】

デジタル大辞泉

ちゃぶ‐だい【×袱台】
《「ちゃぶ」は「卓袱」の中国音からという》和室で用いる、足の短い食卓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっぽく‐だい【×袱台】
卓袱(しっぽく)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しっぽくだい【卓袱台】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃぶだい【卓袱台】
折り畳みのできる短い脚のついた食卓。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ちゃぶだい【卓袱台】
和室で用いる、食事用の4座卓明治時代に使われ始め、のちに普及甲板(こういた)の形は正方形長方形円形があり、脚を折りたためるものが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

ちゃぶだい【卓袱台】
和室などでに座って用いる、短い脚のついた木製の食。正方形・長方形・円形があり、折り畳み式のものが多い。◇明治時代から普及した。それ以前は1人用の箱膳が一般的であった。「ちゃぶ」は、「卓袱(しっぽく)」の中国語の音からとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっぽく‐だい【卓袱台】
〘名〙 高さ一メートルほどの朱漆で塗った中国風の食卓。しっぽく。しっぽこだい。
※洒落本・大抵御覧(1779)「唐和の卓子台(シッホクタイ)は四つ足の数に入らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃぶ‐だい【卓袱台】
〘名〙 短い四足のある食事用の台。足の低い食卓。飯台。ちゃぼだい。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一〇「食机(チャブダイ)の縁を匕でたたいたばかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卓袱台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卓袱台の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation