@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ショク】

デジタル大辞泉

しょく【卓】
唐音
仏前に置き、香華を供える茶の湯にも用いる。
食卓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たく【卓】
物を置く台。机。テーブル。「を囲む」「マージャン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たく【卓】[漢字項目]
常用漢字] [音]タク(呉)(漢)
ひときわ高く抜きんでている。「卓越卓見卓効卓説卓絶卓抜卓立超卓
高い台。机。テーブル。「卓球卓子卓上円卓座卓食卓
[名のり]すぐる・たか・たかし・つな・とお・まこと・まさる・もち
[難読]卓袱(しっぽく)卓袱台(ちゃぶだい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょく【卓】
唐音
たく(卓)に同じ。
仏前に置いて、香・華・灯などを供えるのに用いる机。前卓・脇卓などがある。
卓香炉しよくこうろの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たく【卓】
机。テーブル。 -を挟んで対座する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょく【卓】
〘名〙
① (「しょく」は「卓」の唐宋音) 仏前に置き、香・花・灯・燭などを供える机。茶の湯にも、香にも用いられた。
※太平記(14C後)三五「笈(をい)の中より小硯取り出だし、卓(ショク)の上に立たりける位牌の裏に、一首の歌をぞ書かれける」
② 食事をする机。テーブル。食卓。
※不言不語(1895)〈尾崎紅葉〉七「奥様も御手を下し給ひて、御料理の数々卓(ショク)に排(なら)べて」
③ 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は苦辛。六十一種名香の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たく【卓】
〘名〙
① 物を置く台。つくえ。テーブル。
※蔭凉軒日録‐永享一二年(1440)七月二二日「卓一脚献之」
② (形動タリ) 他より高いこと。他を抜いて、すぐれていること。きわだっていること。また、そのさま。
※交隣須知(18C中か)四「卓々 タクトシテ ココロガ アイカタイ」 〔法言‐学行〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation