@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

協定【きょうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

協定
きょうてい
agreement
広義では,当事者間において成立する特殊の合意狭義では,(1) 独占禁止法上は,自由かつ公正な競争を排除または制限する目的で同業者の間に成立する特殊の合意を意味する,(2) 国際法上では,国家,国際機構,交戦団体などの国際法主体の間の文書による合意の一形式を意味し,広義条約に含まれるが,狭義の条約とその性質や効力は異ならない。協定は,一般的には狭義の条約よりも比較的重要でない合意の場合に用いられることが多い。しかし,非常に重要な政治的な合意の場合に協定の名称が用いられることもある。たとえば,1902年の日英同盟,1940年の日独伊三国同盟においては,協定という名称が用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐てい〔ケフ‐〕【協定】
[名](スル)
紛争・競争などを避けるため、協議して取り決めをすること。また、その事柄。「業者間で価格を協定する」
国家間の文書による合意。条約の一種であるが、条約ほど厳格な形式をとらない。「日米漁業協定

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうてい【協定】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうてい【協定】
スル
協議してきめること。また、その内容。 関係省庁で分担を-する -を結ぶ 労使間の-
agreement 条約の一種。効力などは狭義の条約と同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐てい ケフ‥【協定】
〘名〙
① 当事者が紛争や競争を避けるため、ある一定の事項について協議して取り決めをすること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「只各州の委員にて事を協定せしに」
② (agreement の訳語) 条約の形式の一つ。あまり重要でない事柄や、特殊な事項について、条約ほどの厳格な形式をとらないでする国家間の取決め。
※日露の平和克復に関する詔勅‐明治三八年(1905)一〇月一六日「朕、全権委員の協定する所の条件を覧るに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

協定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

協定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation