@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

協議約款【きょうぎやっかん】

大辞林 第三版

きょうぎやっかん【協議約款】
労働協約で、人事などについて労使があらかじめ協議する必要があることを定めた条項。同意約款よりも使用者への規制力が弱い。 → 同意約款

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうぎやっかん【協議約款】
使用者が一定の事項につき自己の権利権限に基づく一定の措置を行う場合に,あらかじめ労働組合との協議を経るべきことを定めた労働協約上の約定協議条項ともいう。従業員の採用,異動解雇にかかわる〈人事協議約款〉が最も多くみられ,経営方針,企業の分合,事業の縮小工場閉鎖などに伴う措置に関する協議約款も従来より多数存在する。第2次大戦後労働組合運動が経営の民主化を追究したことによって,労働協約上具体化された方式で,従来使用者が一方的に保有していた権利・権限(経営権と俗称された)につき,労働組合の一定の関与拘束を加えようとするもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

協議約款」の用語解説はコトバンクが提供しています。

協議約款の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation