@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南スーダン【みなみスーダン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南スーダン
みなみスーダン
South Sudan
正式名称 南スーダン共和国 The Republic of South Sudan。
面積 64万4330km2
人口 915万(2011推計)。
首都 ジューバ

アフリカ大陸北東部に位置する国。北はスーダン,東はエチオピア,南はケニア,ウガンダ,コンゴ民主共和国,西は中央アフリカ共和国に接する。ナイル川水系のアラブ川ガザール川ジャバル川ソバト川ホワイトナイル川が広大な平原地帯と高原地帯を流れる。中央には粘土平原が広がり,中心部に巨大な沼沢地帯のスッド地方がある。最高地点はウガンダとの国境付近にあるキンイェティ山(3187m)。住民の大半がキリスト教,アフリカ伝統宗教を信仰する黒人。ナイル語系諸族(ナイロート)が最も多い。サバナ地帯,湿地帯,熱帯雨林を擁する多様な生態系のもと,野生動植物の種が豊富に存在する。熱帯性気候で雨季と乾季がある。1820年にオスマン帝国のエジプト太守ムハンマド・アリースーダン地方を征服したあと,南部では奴隷取引が盛んに行なわれた。19世紀末,イギリスとエジプトの共同統治領となった。1956年のスーダン共和国(→スーダン独立以後,イスラム法(シャリーア)とイスラム文化を導入することに積極的な北部指導層と,この政策に反対する勢力との間で抗争が勃発。反対派には南部住民の大多数が加わった。抗争は長期に及ぶ内戦へと発展,エチオピアの和平調停による 1972年のアジスアベバ協定で一時終結したものの,広範囲で戦闘が再開,1983年には第2次内戦に突入した。2005年,包括和平協定が調印され,南部スーダンに一定の自治が認められた。2011年1月,北部からの完全独立の是非を問う住民投票を実施。その結果,2011年7月9日,南スーダンは独立を宣言した。(→スーダン内戦

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

南スーダン
2011年にスーダンから分離独立し、アフリカで54番目の国家となった。国家収入の約9割を占める原油利権などをめぐってキール氏とマシャル氏が対立し、13年12月から内戦に陥った。長引く紛争武装勢力分裂を繰り返し、家畜の奪い合いも続出人口の3分の1の住民が自宅を失い、国内外に逃れた。日本は12年1月から自衛隊の施設部隊をPKOに派遣したが、17年5月に撤収。現在はPKOの司令部要員を派遣している。
(2020-05-22 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

みなみ‐スーダン【南スーダン】
アフリカ北東部、白ナイル川上流域にある国。正称、南スーダン共和国。首都ジュバ。2011年、スーダンの南部10州が住民投票により分離して独立。人口1234万(2015)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南スーダン
みなみすーだん
South Sudan
アフリカ中東部の国。2011年7月、スーダン共和国の南部が独立して成立した。正式名称は南スーダン共和国The Republic of South Sudan。北部はスーダン、東部はエチオピア、西部は中央アフリカ、南部はケニア、ウガンダ、コンゴ民主共和国に接する。面積は64万平方キロメートル。人口826万(2008)。首都はジュバ。ナイル川が国土を南北に貫き、平原やサバンナが広がる。南のウガンダとの国境は3000メートル級の山が連なる山地となっている。また、ナイル川流域は世界有数の湿原を形成している。
 1956年に独立したスーダンは、アラブ系が優勢でイスラム化を推進する北部と、伝統的宗教を信ずる人々およびキリスト教徒も多数いる南部とが統一して発足した。そのため、独立以来、北と南は対立関係にあった。南部で石油が発見されると、資源をめぐって対立は激化した。しかし、2002年ケニアにおいて北のスーダン政府と南のスーダン人民解放運動・スーダン人民解放軍(SPLM/SPLA)との間に和平が成立(マチャコス議定書)、さらに2005年には南北包括和平合意(CPA)が調印された。この結果、南に南部スーダン自治政府が樹立された。その後、2011年1月南スーダンで独立の是非を問う国民投票が行われ、そこでスーダンからの分離独立が選択され、同年7月9日に独立を果たした。初代大統領にはサルバ・キールSalva Kiir(1951― )が就任した。同月14日、国連加盟。
 おもな産業は石油で、綿花、ラッカセイなどの農業やチーク材などの林業も行われている。国家収入のほとんどが石油収入に依存しているため、農林業など非石油産業の育成が課題となっている。民族はディンカ、シルック、ヌエルなどで、公用語は英語が用いられている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南スーダン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南スーダンの関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))コーマンデミル(Cecil Blount De Mille)チャップリンヒューストン(John Huston)ビダーグリフィススピルバーグヒッチコックセネット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation