@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南北朝

朝日新聞掲載「キーワード」

南北朝
1333年の鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇足利尊氏対立。36年、尊氏が京都に光明天皇を擁立したため、後醍醐天皇は奈良吉野に逃れた。以後、57年間、朝廷は京都の北朝と吉野の南朝に分かれ、互いに争ったが、92年に南北朝が一した。戦前政府によって南朝が正統とされた。
(2009-07-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

精選版 日本国語大辞典

なんぼく‐ちょう ‥テウ【南北朝】
(南朝と北朝の意)
[一] 晉から隋までの間に中国を支配した南北の諸王朝。南朝は東晉の滅亡後、江南に拠った宋・斉・梁・陳の四朝(四二〇‐五八九)、北朝は五胡十六国の騒乱後、華北に拠った北魏・東魏・西魏・北斉・北周の五朝(三八六‐五七七)で、北周を滅ぼした隋が南朝の陳を合わせて南北を統一した。
[二] 日本で、中世、南北朝時代に分立対抗した大覚寺統の朝廷である南朝と、持明院統の朝廷である北朝との併称。戦国時代ころより、中国の例により併称するようになった。また、その時代。
※翰林葫蘆集(1518頃)一三「建武間天下瓜分、南北朝称両帝

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

南北朝
なんぼくちょう
晋から隋に至る中国の分裂時代
南朝とは江南で交替した宋・斉・梁・陳の4王朝をいい,またこれ以前の・東晋(317〜420)を含めて六朝 (りくちよう) とも呼ぶ。北朝とは華北で五胡十六国を統一した北魏(後魏)のあと,分裂して東魏 (とうぎ) ・西魏 (せいぎ) ,北斉・北周をへて隋に統一されるまでをいう。南朝は九品中正による貴族支配が確立し,政治的には不安定であったが,六朝文化のがさき,江南の経済開発も進んだ。北朝は漢民族の支持を得るために中国化政策をとり,均田制や三長制によって強力な政治支配を確立した。また仏教が隆盛で,雲崗 (うんこう) ・竜門 (りゆうもん) などの石窟寺院も造られた。北魏時代には寇謙之 (こうけんし) によって道教が宗教教団として完成し,一時仏教が禁圧されたが,まもなく復興した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんぼく‐ちょう〔‐テウ〕【南北朝】
南朝北朝
南北朝時代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南北朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南北朝の関連情報

関連キーワード

建武新政日本におけるおもな時代区分守邦親王鎌倉幕府元弘の乱赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation