@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南城市【なんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南城〔市〕
なんじょう
沖縄県沖縄島南東端にある市。島尻地域に属し,北部と東部は中城湾に,南部は太平洋に臨む。2006年玉城村,知念村,佐敷町,大里村が合体して市制。北西部の丘陵地帯は農業を中心に発展。サトウキビ,サヤインゲンなどが生産され,湧き水も豊富。琉球の民俗や五穀発祥の地として知られ,市内には神話が伝わる古代遺跡が数多く点在する。なかでも国の史跡である斎場御嶽(せいふぁーうたき)は,琉球の始祖アマミキヨが創造したとされ,神女最高位であるキコエオオキミ(聞得大君)の就任式がとり行なわれるなど格式の高さにより,沖縄随一の霊場といわれる。巨岩の間からは,知念岬の東約 5kmに浮かぶ「神の島」久高島が望める。2000年世界遺産の文化遺産に登録。南端の海岸近くにある受水走水(うきんじゅはいんじゅ)と御穂田(みふーだ)は,稲作発祥の地と伝えられる景勝地。アマミキヨが築いたとされる玉城城跡,その守り城である広大な糸数城跡,聞得大君も参詣したといわれる知念城跡は国の史跡。南部には新原,百名,奥武などのビーチや,日本を代表する石灰洞 (鍾乳洞) である玉泉洞を中心としたテーマパークがあり,観光地としても発展。海沿いを国道331号線が通る。馬天から久高島へフェリーが運行。面積 49.94km2。人口 4万2016(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんじょう‐し〔ナンジヤウ‐〕【南城市】
南城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南城市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南城市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation