@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南天【ナンテン】

デジタル大辞泉

なん‐てん【南天】
南の空。南半球の空。⇔北天
メギ科の常緑低木。本州中部以南の暖地に自生。葉は羽状複葉で、先のとがった楕円形の堅い小葉からなる。6月ごろ、白い小花を円錐状につける。果実は球形で、ふつう赤く熟す。果実を干して鎮咳(ちんがい)薬にする。庭木とし、品種が多い。南天竹。南天燭。 実=冬 花=夏》
家紋の一。2の葉や実を組み合わせて図案化したもの。
[補説]2は、「転」と掛け「難を転じて幸となす」と解して、縁起物とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なんてん【南天】
南の方の空。
メギ科の常緑低木。暖地に自生し、また庭木とされる。茎は叢生そうせいし、細く、高さ2~3メートル。葉は枝頂付近に互生し、羽状複葉で、小葉は披針形。初夏、大形の円錐花序に白色の小花をつける。果実は小球形で、晩秋初冬に赤色、まれに白色に熟し、漢方で鎮咳ちんがい薬とする。南天竹。南天燭。 南天の花[季] 夏、南天の実[季]
家紋の一。の葉や実を図案化したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

南天 (ナンテン・ナンデン)
学名:Nandina domestica
植物。メギ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐てん【南天】
[1] 〘名〙
① (「なんでん」とも) 南の空。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔李白‐陪族叔曄及賈舎人至遊洞庭詩〕
② メギ科の常緑低木。中部以南の本州・四国・九州の山地渓間暖地に生え、庭木として栽植される。高さ約二メートル、葉は三回羽状複葉で茎の上部に集まってつき、葉柄の基部は茎を抱く。小葉は革質で卵状披針形。初夏、花茎をのばし、白い小さな六弁花を円錐状につける。果実は球形、ふつう赤く熟すが、白または黄色に熟すものもある。漢方では果実を、せき止め・強壮薬に用いる。漢名、南天竹・南天燭。
▼なんてんの実《季・冬》
▼なんてんの花《季・夏》 〔明応本節用集(1496)〕
③ 紋所の名。②を図案化したもの。三つ葉南天、丸に三つ葉南天、抱南天、南天菱、三つ割南天など数種ある。
[2] 「なんてんじく(南天竺)(一)」の略。
※伝光録(1299‐1302頃)永平元和尚「山家の止観を学し、南天の秘教をならふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation