@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南宗【なんしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南宗
なんしゅう
中国禅宗で,慧能系統宗をいう。中国禅は達磨初祖として第五祖弘忍までは一直線に伝承されたが,弘忍門下から神秀,慧能の2人のすぐれた禅僧が出,禅の流れが2つに分岐した。慧能は弘忍から印可証明を得て法を継ぎ,衣鉢を受けて南の地域に行き,そこに禅を広めたので南宗禅という。神秀は弘忍のもとを去り,北の地域でみずから正しいとする禅を広めたので北宗禅という。南宗禅は「生活の禅」,北宗禅は「思索の禅」といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なん‐しゅう【南宗】
中国禅宗一派慧能(えのう)が開き、主として中国江南地方に行われた。日本の禅宗はこの系統。南禅。
南宗画」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんしゅう【南宗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

なん‐しゅう【南宗】
〘名〙
① 仏語。
(イ) 禅宗の一派。慧能(えのう)の系統をいう。その栄えた地に基づく名で、北宗が漸漸修証を主とするのに対して、南宗は頓悟成仏を主とする。日本に伝えられた禅宗はこの流派。南宗禅。南禅。
※神皇正統記(1339‐43)中「異朝には南宗の下に五家あり」 〔金剛経纂要刊定記‐四〕
(ロ) 江南の諸宗を江北の諸宗に対していう。〔法華玄義釈籤‐一九〕
※随筆・玉洲画題(1790)「南宗と申候は、古の王公士大夫及高人雅士の画報にて御座候」 〔莫是龍‐画説〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation