@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南宮大社【なんぐうたいしゃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

南宮大社
なんぐうたいしゃ
岐阜県不破(ふわ)郡垂井(たるい)町宮代に鎮座。金山彦命(かなやまひこのみこと)を主神とし、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)、見野命(みののみこと)を配祀(はいし)する。創建は神武(じんむ)天皇の御代(みよ)と伝えるが不詳。846年(承和13)正(しょう)五位下(げ)、859年(貞観1)正三位、865年従(じゅ)二位、873年正二位となり、『延喜式(えんぎしき)』神名帳に名神(みょうじん)大社として登載され、その後美濃(みの)国の一宮(いちのみや)となる。旧国幣大社。5月4日御田植(おたうえ)祭と5月5日例祭における還幸舞(かんこのまい)は国の重要無形民俗文化財。寛永(かんえい)年間(1624~44)造営の棟札(むなふだ)と造営文書は、社殿、石鳥居、石輪橋など18棟とともに国の重要文化財。[白山芳太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

南宮大社
岐阜県不破郡垂井町にある神社。祭神は金山彦命(かなやまひこのみこと)。美濃国一之宮。旧称、仲山金山彦(なかやまかなやまひこ)神社。金物の神として知られる。1642年に徳川家光が再建した社殿や楼門は、国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南宮大社
なんぐうたいしゃ
岐阜県垂井町に鎮座する元国幣大社。祭神はカナヤマビコノミコト(金山彦命)。美濃国の一宮。例祭 5月5日。5月の祭礼に演じられる御田植などの神事芸能は,国の重要無形民俗文化財に指定されている。金物の神として知られ,11月に全国の鉱山・金属加工関係者が参集する金山祭(→ふいご祭)が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

南宮大社
(岐阜県不破郡垂井町)
ぎふ百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南宮大社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南宮大社の関連情報

他サービスで検索

「南宮大社」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation