@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南嶺【なんれい】

世界大百科事典 第2版

なんれい【南嶺 Nán lǐng】
中国南部,広東・広西と江西・湖南の省境を北東から南西に走る山地総称で,長江(揚子江)水系珠江水系との分水嶺であり,華中と華南の境界である。南嶺はひとつづきの山地ではなく,五嶺山地とも呼ばれるように,西から東へ越城,都龐,萌渚,騎田,大庾の五つの独立した山嶺が連なる。高度はいずれも1000m前後の低い山地である。低い谷間やが多く,なかでも梅嶺路,摺嶺路,桂嶺路は古くから南北交通の要路であった。南嶺は森林が繁茂し,松,杉などの用材に富み,竹林も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

南嶺
なんれい / ナンリン

中国南部、華中と華南を分ける山脈群。北の湖南・江西両省と南の広東(カントン)省・広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区との省境を東西に1000キロメートルにわたって連なり、長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))水系と珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の分水嶺をなしている。別称を五嶺といい、西から東へ越城(えつじょう)、都龐(とほう)、萌渚(ぼうしょ)、騎田(きでん)、大庾(だいゆ)の五つの独立した山脈の総称である。平均標高は1000メートル前後で低い。これらの山脈の谷間や峠に、古くから梅嶺路、摺嶺(しゅうれい)路などの南北の交通路が開かれている。森林資源と地下資源が豊富で、とくにタングステンは世界最大の産地である。

[青木千枝子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

南嶺
なんれい
中国南東部,広西壮族 (カンシーチワンツー) 自治区と広東 (カントン) ・江西 (チヤンシー) ・湖南 (フーナン) の三省の境界を東西に走る山脈
長江・西江ほか華南諸川の分水嶺をなす。中国を中部と南部に分ける自然境界で,かつては南嶺の南を嶺南とも呼んだ。各所に峠が通じ,特に五嶺と呼ばれる交通路が古くから存在した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南嶺
なんれい
ナンリン(南嶺)山地」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation