@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南房総国定公園【みなみぼうそうこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南房総国定公園
みなみぼうそうこくていこうえん
千葉県房総半島南半の海岸を中心にした国定公園。面積 56.9km2。1958年指定。1965年館山地区を追加指定。東京湾湾口の富津岬から太平洋岸の太東崎までの全長約 190kmの海岸線,特に太平洋岸の海食崖の多い海岸美が対象。房総半島は断層地形を伴う比較的低い丘陵地帯で,地質大部分新第三紀層からなる。内房(東京湾岸側)は砂浜の多い穏やかな風景であるが,外房(太平洋岸側)は海食崖が多く豪壮である。鹿野山標高 379mにすぎないが,谷は九十九谷といわれるほど複雑である。鋸山には房州石の石切場が多く,展望のよいハイキングコースがある。清澄山には清澄寺,東京大学の演習林があり,森林が美しい。源頼朝ゆかりの仁右衛門島白浜海岸鯛ノ浦おせんころがしなどの名勝日蓮上人ゆかりの誕生寺船形の崖ノ観音,那古の那古観音などの名所がある。早くから海水浴場が開設され,東京方面から避暑,避寒に訪れる人が多い。館山市に休暇村があるほか,南房総市,勝浦市,鴨川市などにも観光施設が急速に増加,道路も整備され,京浜地方の保養地となった。海域勝浦海域公園地区に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなみぼうそう‐こくていこうえん〔みなみバウソウコクテイコウヱン〕【南房総国定公園】
房総半島南部、太平洋側は太東崎(たいとうざき)、東京湾側は富津岬(ふっつみさき)より南の海岸線と、清澄山鹿野山鋸山などからなる国定公園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みなみぼうそうこくていこうえん【南房総国定公園】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

南房総国定公園
みなみぼうそうこくていこうえん

千葉県、房総半島南部の海岸線を中心とした国定公園。富津岬(ふっつみさき)から鋸南(きょなん)、富山(とみやま)、富浦(とみうら)、館山(たてやま)の内房海岸(うちぼうかいがん)を経て最南端の南房総市野島(のじま)崎に達し、さらに鴨川(かもがわ)、天津小湊(あまつこみなと)、勝浦、御宿(おんじゅく)などの外房海岸(そとぼうかいがん)からいすみ市の太東崎(たいとうざき)付近に至る190キロメートル、これに鹿野(かのう)山、鋸(のこぎり)山、清澄(きよすみ)山などの寺や森林を要素とした地域が加わる。面積56.90平方キロメートル。1958年(昭和33)指定、1965年館山地区を追加。変化に富んだ海岸線が景観構成の核をなしている。富津岬は要塞(ようさい)地帯であったが、第二次世界大戦後に開放され富津公園の整備が進み、潮干狩、簀立(すだ)て、海水浴など格好のレクリエーション基地へと変貌(へんぼう)した。鹿野山は九十九谷(くじゅうくたに)の景観や神野(じんや)寺、マザー牧場、ゴルフ場、国民宿舎などを有し、鋸山もロープウェーが通じ、日本(にほん)寺の大仏、千五百羅漢、地獄のぞきなどの観光対象に恵まれている。鋸南町から館山に至る保田(ほた)、勝山、岩井、富浦、北条(ほうじょう)の内房の砂浜海岸は、昭和初期から知られた海水浴場で、夏季のみ営業する貸家・貸間や通年化した民宿も多い。洲崎(すのさき)から白浜、千倉(ちくら)、鴨川に至る外房海岸は、ナノハナ、キンセンカ、カーネーション、ストックなどの花畑が続き、磯浜(いそはま)では海女(あま)の潜水漁業もみられる。野島崎や鴨川の東条海岸、勝浦、御宿にはホテル・旅館が集中し、宿泊基地となっている。南房総市白浜以東には太海(ふとみ)フラワーセンターや海の生態博物館鴨川シーワールドなど観光施設が開設され、特別天然記念物の「鯛の浦(たいのうら)タイ生息地」、日蓮(にちれん)ゆかりの誕生寺や清澄(きよすみ)寺、鵜原(うばら)理想郷、勝浦海域公園など観光資源が連続し、入り江には多くの海水浴場があり、民宿地域が各地に形成されている。南房総国定公園区域は、風土性豊かな景観を味わうことができ、四季を通じて観光客が訪れる。

[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなみぼうそう‐こくていこうえん みなみバウソウコクテイコウヱン【南房総国定公園】
千葉県の房総半島南部海岸を主とする国定公園。東京湾岸の富津(ふっつ)岬から太平洋岸の太東崎付近までと鹿野山(かのうざん)・鋸山・清澄山を含む。昭和三三年(一九五八)指定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南房総国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南房総国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation