@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南房総市【みなみぼうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南房総〔市〕
みなみぼうそう
千葉県南部,房総半島の南端に位置する市。西部は浦賀水道,東部と南部は太平洋に面する。 2006年富浦町,富山町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町,和田町が合体して南房総市となった。市名は房総半島の南部に位置することに由来。中世には里見氏の支配にあり,近世に江戸幕府の直轄地および旗本領地となった。1年を通して温暖な気候に恵まれ,米作,花卉の促成栽培,野菜の施設栽培,ビワなどの果樹栽培,酪農が盛ん。浦賀水道に面する富浦,富山の海岸は海水浴場に適し,民宿が多い。太平洋に面する白浜,千倉,和田の海岸は海岸段丘岩石海岸が発達,白浜港,千倉港などがあり,沿岸漁業や海女による潜水漁業が行なわれる。和田港は関東唯一の捕鯨基地として知られる。千倉の日枝神社で5年に一度行なわれる白間津のオオマチ (大祭) 行事は国指定の重要無形民俗文化財。丸山には縄文時代の加茂遺跡がある。海岸部は南房総国定公園に,北西部の富山と伊予ヶ岳を中心とした地域は富山県立自然公園に,県下の最高峰愛宕山を含む嶺岡山地一帯は嶺岡山系県立自然公園にそれぞれ属する。沿岸部を JR内房線,国道 127号線,128号線,410号線が通り,富津館山道路の富浦インターチェンジがある。面積 230.14km2。人口 3万9033(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなみぼうそう‐し〔みなみバウソウ‐〕【南房総市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南房総市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南房総市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation