@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南斉【なんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南斉
なんせい
Nan-qi; Nan-Ch`i
中国,南朝の一つ (479~502) 。国号はであるが,北斉と区別してこの名で呼ばれる。建元1 (479) 年の将軍蕭道成 (→太祖) が宋の順帝より受禅して建てた。同4年その子武帝即位戸籍検定税制の整備などが行われた。しかし,武帝およびのちの明帝は寒人を重んじ,顕官を退ける施策を講じたため貴族の支持を失い,また 24年間に7代も皇帝が代って皇族殺戮悲惨をきわめたため,国情動揺を繰返していた。永元2 (500) 年武将蕭衍 (→武帝) がこの機に乗じ挙兵,天監1 (502) 年受禅の形で即位,南斉は滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なん‐せい【南斉】
中国の国名南北朝時代南朝の第2王朝。479年、蕭道成(しょうどうせい)がの順帝の禅譲を得て建国。都は建康。502年、蕭衍(しょうえん)(武帝)に滅ぼされた。斉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんせい【南斉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんせい【南斉】
中国、南北朝時代の南朝の一(479~502)。宋の蕭道成しようどうせいが順帝の禅譲を得て建国。都は建康(今の南京)。七代で蕭衍しようえん(梁の武帝)に国を奪われた。斉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐せい【南斉】
中国、南北朝時代の南朝の王朝(四七九‐五〇二)。蕭道成(高帝)が宋の順帝の禅譲によって建てた国。その子、武帝は民政に努めた(永明の治)が、宗室の内紛が絶えず、七代で蕭(梁の武帝)に国を奪われて滅びた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南斉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南斉の関連情報

関連キーワード

南朝南朝雄略天皇祖沖之場屋取引武帝営業的商行為張僧繇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation