@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南昌暴動【なんしょうぼうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南昌暴動
なんしょうぼうどう
Nan-chang bao-dong
1927年8月1日江西省南昌で中国共産党が起した最初の武装暴動。同党はこのとき初めて完全に掌握する軍隊をもったので,この日を記念して建軍記念日と定めている。 27年7月武漢政府の反共化が決定的となったので,同党は国民党左派との連係による政権を樹立するために暴動を起すことを決定。国民革命軍第 20軍長賀龍,第 11軍第 24師長葉挺部隊を中心とする約3万が劉伯承周恩来譚平山,張国 燾,葉剣英,李立三らの指導のもとに8月1日南昌で蜂起し,宋慶齢,鄧演達らの国民党左派指導者を含む革命委員会を組織した。しかし,国民党軍の反撃を受けて8月6日南昌を放棄して南下を開始し,9月一時汕頭を占領したが,10月敗れて壊滅した。幹部の多くはホンコンに逃れ,敗残軍の一部は朱徳により再編されて,のちの紅軍第4軍となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南昌暴動
なんしょうぼうどう

中国共産党が1927年8月1日、江西省の南昌で起こした最初の武装蜂起(ほうき)。8.1南昌蜂起ともいう。27年7月、蒋介石(しょうかいせき)、汪兆銘(おうちょうめい)が前後して反共に転じ、第一次国共合作は終わった。中国共産党は革命を立て直し、さらに推し進めるために8月1日、周恩来(しゅうおんらい)、朱徳、賀竜(がりゅう)、葉挺(ようてい)、劉伯承(りゅうはくしょう)らの影響下にあった北伐軍3万余を、南昌で武装蜂起させた。南昌は武装蜂起軍の手中に入り、周恩来が前敵委員会の書記となった。国民党軍はただちに南昌を包囲したので、蜂起した軍隊はもちこたえることができず、8月5日には南方の広東(カントン)へ向かって脱出した。9月末には潮州、汕頭(スワトウ)に達したが、優勢な国民党軍に包囲されて敗北した。

 残存した蜂起部隊は朱徳、陳毅(ちんき)らの指導下に湖南省南部に転進し、現地の党組織とともに蜂起し、武装勢力を拡大し、1928年4月、井岡山地区に達し、毛沢東の指導する部隊と合流した。ここで中国労農紅軍第四軍が編成された。のち8月1日は中国人民解放軍の建軍記念日となった。

[山下龍三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南昌暴動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南昌暴動の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation