@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南満州鉄道【ミナミマンシュウテツドウ】

デジタル大辞泉

みなみまんしゅう‐てつどう〔みなみマンシウテツダウ〕【南満州鉄道】
日露戦争ロシアから獲得した南満州鉄道とその付属事業を経営する半官半民国策会社。明治39年(1906)設立満州国創立後は満州国有となった鉄道全部を経営、他の産業部門にも進出し、日本の中国侵略の拠点となった。昭和20年(1945)中国が接収満鉄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなみまんしゅう‐てつどう みなみマンシウテツダウ【南満州鉄道】
日露戦争終結後、明治三八年(一九〇五)に締結されたポーツマス条約によって、ロシアから日本に譲渡された東清鉄道ほか支線を含む南満州の鉄道。日本の満州経略上の重要拠点となった。昭和一〇年(一九三五)鉄道売却の協定が成立、形式上満州国の所有に帰したが、同二〇年中国に接収された。満鉄。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

南満州鉄道
みなみまんしゅうてつどう
満州の長春から大連・旅順 (りよじゆん) を結ぶ鉄道。略称“満鉄”
ロシアがシベリア鉄道支線として敷設した東清鉄道の一部で,日露戦争の結果,日本に譲渡されたもの。日本は半官半民の南満州鉄道株式会社(満鉄)を作り,満州を半植民地化する足がかりとした。第二次世界大戦後,ヤルタ協定によって中ソ共同経営となったが,1952年中国に返還され,現在は中国長春鉄路という。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南満州鉄道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南満州鉄道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation