@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南澳島【なんおうとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

南澳島
なんおうとう / ナンアオタオ

中国、広東(カントン)省東端沿岸にある島。行政上は南澳県を形成し汕頭(スワトウ)市の管轄である。県政府所在地は後宅(こうたく)鎮である。人口7万2818(2000)。南は南シナ海に面し、北は柘林(たくりん)湾を隔てて本土の饒平(じょうへい)県に対する。柘林湾は中国の沿岸漁場の一つで、底引網漁業が盛んに行われ、後宅鎮は西方30キロメートルの汕頭とともに主要漁港となっている。漁業以外では米作が盛んである。明(みん)代に海賊の活動を鎮圧するため、北東部の深澳湾に面する猟嶼(りょうしょ)に猟嶼銃城が築かれ、清(しん)代にもこれを踏襲した。また深澳と南東部の雲澳の間には雄鎮関が設けられた。これらは現在も史跡として残っている。また明末に鄭成功(ていせいこう)の根拠地の一つとなったことでも知られる。

[青木千枝子・河野通博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南澳島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南澳島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation