@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南濃【なんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南濃
なんのう
岐阜県南西部,海津市西部の旧町域。養老山地東麓にある。 1954年城山町と石津村,下多度村の2村が合体して南濃町が発足。 2005年海津町,平田町と合体して海津市となった。石津は揖斐川に注ぐ支流扇状地にあり,付近で栽培されるミカンは南濃みかんとして有名。城山貝塚,庭田貝塚がある。一部は揖斐関ヶ原養老国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南濃
なんのう

岐阜県南西部、海津郡(かいづぐん)にあった旧町名(南濃町(ちょう))。現在は海津市の西部を占める地域。1954年(昭和29)城山町と石津、下多度(しもたど)の2村が合併して南濃町と改称。2005年(平成17)海津町、平田町と合併して市制施行、海津市となる。旧町域は、養老山地の東斜面の扇状地、揖斐川(いびがわ)沿いの低地にまたがる。低地では稲作、養老山地山麓(さんろく)の北部では富有(ふゆう)ガキ、南部ではミカンが栽培される。国道258号沿いに輸送機器、繊維などの工場などがある。養老鉄道などにより、名古屋・桑名方面への通勤者が多い。北部の庭田・羽沢(はざわ)貝塚(ともに縄文期、県指定史跡)が有名。また、明治につくられた砂防ダムである羽根谷砂防堰堤は1997年に国の登録有形文化財となっている。

[上島正徳]

『『南濃町史』全2巻(1977、1982・南濃町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南濃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南濃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation