@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南相馬市【みなみそうま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南相馬〔市〕
みなみそうま
福島県北東部,浜通り中北部にある市。阿武隈高地北東斜面を占め,太平洋に臨む。2006年原町市,小高町,鹿島町の 1市 2町が合体。小高には相馬氏の居城だった小高城址がある。近世には原町,鹿島,小高が陸前浜街道の宿場町として栄えた。中心市街地の原町は,1898年日本鉄道常磐線開通により発展。相馬郡,双葉郡の行政出先機関が集まる。精密機械,電子,パルプなどの工場が進出している。衣料品の製造も盛ん。周辺部には耕地が開け,米作と野菜栽培が行なわれる。北泉大磯,右田浜などの海水浴場やキャンプ場があり,夏は海水浴客でにぎわう。毎年夏に雲雀ヶ原で行なわれる相馬野馬追いは,国の重要無形民俗文化財に指定されており多くの観光客が訪れる。前方後方墳桜井古墳,装飾横穴墓(→装飾古墳)の羽山横穴(はやまよこあな),真野古墳群,「大悲山の石仏」として知られる薬師堂石仏,阿弥陀堂石仏,観音堂石仏は国の史跡。旧武山家住宅は国の重要文化財に指定されている。JR常磐線,国道6号線が沿岸部を並走する。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受けた。面積 398.58km2人口 5万7797(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

南相馬市
震災発生当時の人口は7万1千人だったが、10月末現在の市内居住者は4万6千人。2万2千人が市外に転出避難。沿岸部を中心に農地の32%が津波で流失冠水。周辺の自治体が軒並み役場の機能を外に移す中でもとどまり、通常の行政サービスを続けている。
(2013-11-20 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

みなみそうま‐し〔みなみサウま‐〕【南相馬市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南相馬市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南相馬市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation