@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南禅寺【なんぜんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南禅寺
なんぜんじ
京都市左京区にある臨済宗南禅寺派本山亀山上皇が正応4 (1291) 年頃離宮 (禅林寺殿) を寺とし,無関普門 (大明国師) を開山とした。鎌倉・室町時代には官寺として五山の首位の寺格をもった。明徳4 (1393) 年,文安4 (1447) 年,応仁1 (67) 年の火災で伽藍の大部分を焼失。現在の伽藍は慶長 10 (1605) 年に崇伝再興したもの。天正内裏の清涼殿を同 15年に移建した大方丈 (国宝) には,伝狩野永徳筆の『二十四孝図』その他の絵の名品がある。また庭園小堀遠州の作と伝えられ,俗に「虎の子渡し」の名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんぜん‐じ【南禅寺】
京都市左京区にある臨済宗南禅寺派大本山。正しくは太平興国南禅禅寺。山号は瑞竜山。正応4年(1291)無関普門を開山とし、亀山法皇の離宮を寺としたのに始まる。足利義満のとき、五山の別格上位に列せられた。藤堂高虎造営の三門、国宝の方丈などのほか、小堀遠州の作と伝える枯山水庭園がある。江戸初期に以心崇伝が住した金地院をはじめ塔頭(たっちゅう)も多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

南禅寺
△京都府京都市左京区▽にある寺院。臨済宗南禅寺派大本山。正称は「瑞龍(ずいりょう)山大平興国南禅禅寺」。京都五山・鎌倉五山の上位に列せられる別格本山。1291開山。境内は国の史跡、方丈庭園は国の名勝、方丈は国宝に指定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんぜんじ【南禅寺】
京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の総本山。瑞竜山と号し,正式には太平興国南禅禅寺という。1264年(文永1)亀山天皇は現寺地の東山山麓に離宮を営んで禅林寺殿と称したが,のちに禅宗に帰依し,91年(正応4)東福寺3世の無関普門(むかんふもん)(大明国師)を開山に招いて,この離宮を寺に改めた。これが当寺の起源である。だが普門はその年に入滅,ために翌年規庵祖円(きあんそえん)(南院国師)が入寺し,勅を受けて伽藍造営に着手した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なんぜんじ【南禅寺 Nán chán sì】
中国,山西省五台山李家庄にある仏寺。寺の規模は小さく,大殿は1953年の調査で発見された中国に現存する最古木造建築で,の建中3年(782)の建立。寺の創建は唐代と伝えられ,小寺であったために〈会昌の滅法〉(845)を免れたらしい(三武一宗の法難)。大殿は低い基壇の上に立ち,前面月台があり,間口3間(11.75m),奥行3間(10m),入母屋造の小さな建物である。梁下端の墨書により建立年代,およびの元祐1(1086)に大修理されての一部が取り換えられたことが知られ,また明・清時代にも部分修理が行われているが,基本的には原型をとどめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんぜんじ【南禅寺】
京都市左京区南禅寺福地町にある臨済宗南禅寺派の大本山。山号、瑞竜山。亀山天皇の離宮(禅林寺殿)を、1291年に無関普門むかんふもん1212~1291)を開山として禅寺に改めたのにはじまる。正安年間(1299~1302)に寺号を瑞竜山太平興国南禅禅寺とした。五山の第一位に列し、足利義満のとき、別格上位の「五山之上しじよう」となり、禅宗寺院最高の寺格を誇った。室町中期以後衰えたが、江戸初期、以心崇伝すうでんらの努力で再興。桃山期建立の方丈は国宝で、襖絵ふすまえは狩野派によって描かれている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南禅寺
なんぜんじ
京都市左京区南禅寺福地町にある臨済(りんざい)宗南禅寺派の大本山。正式には瑞竜(ずいりょう)山大平興国(たいへいこうこく)南禅禅寺といい、京都五山の首位にたつ禅寺である。1291年(正応4)亀山(かめやま)上皇が離宮を改めて建てた寺で、初め竜安山禅林禅寺と称していたが、南禅寺とするにあたって東福寺開山円爾弁円(えんにべんえん)の法を継いだ無関普門(むかんふもん)(仏心(ぶっしん)禅師、大明(たいみん)国師)を招いて開山とした。門下の規庵祖円(きあんそえん)が第2世となってこの寺の基礎を築いた。1299年(正安1)亀山上皇の勅命で諸山の禅僧のうちでとくに優れた者を住持させることになってからは、第3世一山一寧(いっさんいちねい)、第5世約翁徳倹(やくおうとくけん)、第9世夢窓疎石(むそうそせき)、第15世虎関師錬(こかんしれん)、第39世春屋妙葩(しゅんおくみょうは)、第44世義堂周信(ぎどうしゅうしん)などの名僧が入山した。南禅寺の社会的な地位はきわめて高く、1335年(建武2)に京都五山の第一とされ、1383年(弘和3・永徳3)に足利義満(あしかがよしみつ)が京都鎌倉五山十刹(じっさつ)の制度をつくった際には、天下第一位として五山の上に置かれた。歴代の朝廷や足利、豊臣(とよとみ)、徳川諸家の保護を受け、江戸時代には第270世以心崇伝(いしんすうでん)が幕府の信任を受けて寺社関係の政策をつかさどり、1615年(元和1)寺社奉行(ぶぎょう)の前身である僧録司(そうろくし)となった。
 諸堂伽藍(がらん)は1467年(応仁1)までに数度の火災で焼失し、山門(三門)、法堂(はっとう)、方丈、勅使門など現存の建物は安土(あづち)桃山時代以後の建造物である。山門(国重要文化財)は1628年(寛永5)大坂夏の陣に倒れた将士の菩提(ぼだい)を弔うため藤堂高虎(とうどうたかとら)によって再建されたもので、天下竜門といい、上層の楼を五鳳楼(ごほうろう)とよぶ。また歌舞伎(かぶき)の『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』の石川五右衛門(ごえもん)の伝説で有名。方丈(国宝)は大方丈と小方丈に分かれている。大方丈は1611年(慶長16)後陽成(ごようぜい)天皇より下賜された旧清涼殿(一説には正親町(おおぎまち)院御所対面所)を移建したもので、各室には狩野元信(かのうもとのぶ)・永徳(えいとく)筆と伝える豪華な桃山式の襖絵(ふすまえ)がある。小方丈は旧伏見(ふしみ)城の遺構で、狩野探幽(たんゆう)筆と伝える襖絵『水呑(みずのみ)の虎(とら)の図』は名高い。大方丈南面の庭園は慶長(けいちょう)年間(1596~1615)小堀遠州作と伝える禅院式枯山水(かれさんすい)庭園で、巨石の姿から俗に「虎の子渡しの庭」とよばれる。北側には宗(そうへん)流の茶室不識庵(ふしきあん)があり、露地を囲む竹垣は南禅寺垣といわれる。寺宝には、亀山天皇宸翰(しんかん)禅林寺御起願文案(国宝)をはじめ、開山の『頂相(ちんぞう)大明国師像』、『釈迦(しゃか)十六善神画像』、『薬山李(やくさんりこう)問答図』、『江山漁舟図』(蒋三松筆)、『達磨(だるま)像』(祥啓筆)などの絵画、彫刻では木造聖観音(しょうかんのん)立像、工芸では鎌倉彫牡丹模様香盒(ぼたんもようこうごう)(以上、重文)などがある。
 塔頭(たっちゅう)は現在、金地(こんち)院、天授(てんじゅ)庵、帰雲(きうん)院、光雲(こううん)寺、聴松(ちょうしょう)院、真乗(しんじょう)院、高徳(こうとく)庵、法皇(ほうこう)寺、慈氏(じし)院、正因(しょういん)庵、正的(しょうてき)院、南陽(なんよう)院の12院がある。金地院には『渓陰小築(けいいんしょうちく)図』『秋景冬景山水図』二幅(ともに国宝)などや、小堀遠州が崇伝の依頼を受けて設計した茶室八窓(はっそう)席(重文)がある。また、別院南禅院は離宮禅林寺殿の「上の宮」遺跡で、南禅寺発祥の地といわれている。[菅沼 晃]
『桜井景雄著『南禅寺史』(1977・法蔵館) ▽荻須純道著『日本中世禅宗史』(1976・木耳社) ▽『古寺巡礼 京都12 南禅寺』(1977・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

南禅寺
(京都府京都市左京区南禅寺福地町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なんぜん‐じ【南禅寺】
京都市左京区南禅寺福地町にある臨済宗南禅寺派の大本山。山号は瑞龍山。正称は太平興国南禅禅寺。亀山上皇の離宮禅林寺殿にはじまる。正応四年(一二九一)無関普門を開山として禅寺に改め、龍安山禅林禅寺と称した。建武元年(一三三四)後醍醐天皇によって五山の首位に列せられ、至徳三年(一三八六)には足利義満によって京・鎌倉両五山の上に位する禅寺最高の寺格とされた。石川五右衛門が隠れたという俗説をもつ山門(三門)は藤堂高虎が寄進した禅宗式の大楼門。国宝の方丈はもと清涼殿を移築した大方丈と桃山城の遺構である小方丈に分かれ、狩野元信・永徳・探幽らの襖(ふすま)絵で飾られている。小堀遠州作の「虎の子渡しの庭」と呼ばれる方丈の庭は国名勝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

南禅寺
なんぜんじ
京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の本山
鎌倉末期に亀山天皇が創建,無関普門 (むかんふもん) が開創。1334年五山第1位となり,'86年には京都五山・鎌倉五山の上に置かれ禅宗最高の寺格を与えられた。火災のため一時衰えたが,江戸初期に金地院崇伝らによって再興された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南禅寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南禅寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation