@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南蛮寺【なんばんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南蛮寺
なんばんじ
キリシタン (吉利支丹) 寺,バテレン (伴天連) 寺ともいう。日本にできたキリシタン聖堂の俗称。天文 21 (1552) 年山口に建てられた大道寺最初で,特に有名なのは京都の南蛮寺。『南蛮寺興廃記』にみえ永禄4 (61) 年以降各所を転じたのち天正3 (75) 年四条坊門 (現在の蛸薬師通室町西入ル姥柳町) に着工翌年完成した。その姿は,狩野元秀の『洛中洛外名所扇面屏風』の「なんばんたふ (南蛮堂) の図」によく描かれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんばん‐じ【南蛮寺】
室町末期から安土桃山時代にかけて建てられたキリスト教教会堂の総称。特に、外国人宣教師が織田信長の許しを得て、京都安土に建てたものをいうこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんばんじ【南蛮寺】
キリシタン寺ともいい,安土桃山時代の教会堂(教会および付属施設)。キリスト教が南蛮宗といわれていたのに由来する。教会堂には仏教寺院を改造し,仏教風に大道寺(山口),天門寺(平戸)などと寺号をつけたものもある。また新たに造られた教会堂も,南蛮屛風に見るように,日本の風習や生活様式にならい,木造・瓦ぶきの純日本建築であった。ふつう〈南蛮寺〉といえば,1575年(天正3)京都四条坊門姥柳町に建てられた木造3階建ての教会堂を指す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんばんじ【南蛮寺】
一六世紀後半に日本各地に建てられたキリスト教の教会堂の俗称。1575年京都四条坊門に建立のものが最も著名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南蛮寺
なんばんじ
キリシタンの教会をさすが、狭義には京都の名所ともなった織豊(しょくほう)時代の四条坊門(京都市中京(なかぎょう)区)の教会をいう。ザビエル以後、来日したイエズス会員は、日本の首都であり宗教界の中心でもあった京都に大教会を建てようと望んだが、妨害にあって容易に実現しえなかった。だがビレラは、四条坊門姥柳(うばやぎ)町、すなわち現在の蛸薬師(たこやくし)通りの北側、室町通りと新町通りの間に地所を入手でき、1575年(天正3)には、イタリア人司祭オルガンティーノが高山右近(うこん)ら信徒の協力のもとに壮麗な三階建て、日本風な大教会の建築に着手し、翌年の夏、被昇天(ひしょうてん)の聖母マリアに奉献の式を行い、78年に完成させるに至った。この都の教会は「南蛮寺」の名で人々に知られ、狩野元秀(かのうげんしゅう)筆「洛中洛外(らくちゅうらくがい)名所図扇面」にも描かれた。現在京都妙心寺(みょうしんじ)にある「1577」の年号とイエズス会紋章入りの南蛮鐘は、南蛮寺のものと思われるが、伝来経路がつまびらかでない。1587年に豊臣(とよとみ)秀吉のキリシタン禁令によって南蛮寺は破却された。[松田毅一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なんばん‐じ【南蛮寺】
〘名〙 安土桃山時代、キリシタンの教会堂。特に永祿四年(一五六一)イエズス会が京都四条坊門(中京区姥柳町)に購入した礼拝堂、また、のち天正三年(一五七五)同所に新築した天主堂をさしていう。キリシタン寺。
※南蛮寺興廃記(1638頃)「信長不快なりと雖も勅命に准ひ、永祿寺を改めて、南蛮寺と号す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

南蛮寺
なんばんじ
キリシタンの教会堂の俗称
切支丹寺ともいう。1551年山口に建立された大道寺が最初。オルガンチノが設計し '75年から3年がかりで完成した京都の南蛮寺は有名で,和洋折衷の木造三階建。キリシタンの波及とともに各地に建てられ,'81年には全国で200か所にものぼったが,民家仏寺を転用したものが多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南蛮寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南蛮寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation