@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南西諸島【なんせいしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南西諸島
なんせいしょとう
九州島とタイワン (台湾) 島との間,太平洋上に飛び石状に連なる弧状列島。海上保安庁水路部が用いはじめた行政上の地名。北半は薩南諸島と呼ばれ,南半は琉球諸島と呼ばれる。薩南諸島大隅諸島,吐 噶喇 (とから) 列島奄美 (あまみ) 群島の3諸島および口之三島 (竹島,硫黄島,黒島) ,草垣群島宇治群島から成るが,狭義には上記3諸島をさすこともある。琉球諸島は沖縄諸島先島諸島から成る。地学的に,南西諸島そのもの,または南西諸島のうち奄美大島以南を琉球弧琉球列島と呼ぶことがある。黒潮の影響を受け気候温暖で亜熱帯性植物が茂り,バナナ,パイナップルなどを産する。台風の通過コースに位置するため,しばしば大きな被害を受ける。第2次世界大戦後北緯 29°以南はアメリカ合衆国の管理下におかれていたが,1952年吐 噶喇列島,53年奄美群島,72年琉球諸島が日本に返還された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんせい‐しょとう〔‐シヨタウ〕【南西諸島】
九州南端から台湾へ連なる列島の総称。鹿児島県の大隅吐噶喇(とから)奄美、沖縄県の沖縄先島(さきしま)の各諸島からなり、太平洋東シナ海を分ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんせいしょとう【南西諸島】
九州島南部から南西方向に台湾の東部近海まで連なり,東シナ海を太平洋から分ける弧状の島嶼(とうしよ)群の総称で,琉球弧とも呼ばれる。与論島以北の鹿児島県に属する薩南諸島と,伊平屋(いへや)島以南の沖縄県に属する琉球諸島とに大きく二分される。薩南諸島はさらに,北から大隅諸島(口之三島を含む),吐噶喇(とから)列島奄美諸島に分かれ,琉球諸島は北部の沖縄諸島(大東諸島を含む)と南部の先島(さきしま)諸島(尖閣(せんかく)諸島を含む)とからなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なんせいしょとう【南西諸島】
九州南端から台湾との間に弧状に連なる島々。東シナ海と太平洋を画する。鹿児島県に属する薩南諸島と沖縄県に属する琉球諸島とに大別される。亜熱帯性海洋気候で、夏から秋には台風が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

南西諸島
なんせいしょとう
鹿児島県の薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)両半島の南方洋上、北緯30度50分付近から北緯24度付近まで、南西方向に弧状に連なる島々の総称で、琉球列島(りゅうきゅうれっとう)ともよばれている。北は種子島(たねがしま)、硫黄島(いおうじま)などに始まり、南西端は沖縄県与那国島(よなぐにじま)、波照間島(はてるまじま)、西表島(いりおもてじま)などに終わる。沖縄県のほぼ全域をなし、鹿児島県の島嶼(とうしょ)部の大部分を占める。この間の距離は約1200キロメートルに達する。中ほどにある与論島(よろんじま)と沖縄本島の間に両県の県境がある。この県境以北の島々を薩南諸島(さつなんしょとう)、以南の島々を琉球諸島とよんでいる。前者はさらに北部から大隅諸島、吐(とから)列島、奄美諸島(あまみしょとう)と三分し、後者は沖縄諸島、先島諸島(さきしましょとう)と二分してよぶこともある。
 大隅諸島のおもな島には屋久島(やくしま)、種子島が、奄美諸島には奄美大島、徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)が、沖縄諸島には沖縄本島、久米島(くめじま)が、先島諸島には西表島、石垣島、宮古島(みやこじま)などがある。現在の正式名称となっている「南西諸島」は歴史的意味があってつけられたものではなく、従来は主として海上保安庁水路部(現、海洋情報部)で用いられたものが1968年(昭和43)に協議決定されたものである。
 各島の地形・地質や歴史は、それぞれ個性的であるが、この海域が日本海流(黒潮)の流路にあたるため海水温が高く、北部の若干の島々を除き、サンゴ礁の島々とよぶにふさわしい。また歴史的には南方および大陸文化の通路「道の島」として重要な位置を占めていたことも事実である。現在では、温暖な気候、亜熱帯植生、サンゴ礁海岸の景観などを主眼とする国立公園や国定公園域となっている所が多い。[塚田公彦]
『中西進編『南方神話と古代の日本――古代東アジアの中の日本』(1995・角川書店) ▽帝国書院編集部著『地図で訪ねる歴史の舞台――日本』最新版(1999・帝国書院) ▽太田陽子著『変動地形を探る1 日本列島の海成段丘と活断層の調査から』(1999・古今書院) ▽東喜望著『沖縄・奄美の説話と伝承』(1999・おうふう) ▽住谷一彦、クライナー・ヨーゼフ著『南西諸島の神観念』復刻版(1999・未来社) ▽谷川健一編『日本の神々――神社と聖地13 南西諸島』新装復刊(2000・白水社) ▽町田洋・太田陽子・河名俊男・森脇広・長岡信治編『日本の地形7 九州・南西諸島』(2001・東京大学出版会) ▽佐々木高明著『南からの日本文化』上下(2003・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なんせい‐しょとう ‥ショタウ【南西諸島】
九州南端から台湾北東端に至る間の海域に連なる弧状列島の総称。大隅諸島・吐噶喇(とから)列島・奄美諸島(以上薩南諸島)・沖縄諸島・先島諸島(以上琉球諸島)からなり、太平洋と東シナ海を隔てる。吐噶喇列島北の吐噶喇海峡を境として、暖帯と亜熱帯とに分かれ、動植物の分布が異なる。琉球弧。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南西諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南西諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation