@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

南雲忠一【なぐもちゅういち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

南雲忠一
なぐもちゅういち
[生]1887.3.25. 山形
[没]1944.7.6. サイパン島
海軍軍人。 1908年海軍兵学校,20年海軍大学校卒業。 39年中将。第8戦隊司令官,水雷学校校長,40年海軍大学校校長など歴任後,41年に第1航空艦隊長官となり,同年真珠湾奇襲の機動部隊指揮官。 42年のミッドウェー海戦後,第3艦隊長官となり,南太平洋海戦で勝利を得たあと,佐世保,呉鎮守府長官などを経て,44年にサイパン島に司令部をおく中部太平洋艦隊長官に就任。アメリカ軍が上陸すると,日本軍の最後の攻撃の前日,自決した (→サイパン島の戦い ) 。死後大将

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

南雲忠一 なぐも-ちゅういち
1887-1944 明治-昭和時代前期の軍人。
明治20年3月25日生まれ。昭和16年12月8日,第一航空艦隊司令長官として機動部隊をひきい真珠湾攻撃を指揮した。17年6月ミッドウェー海戦で敗れる。19年中部太平洋方面艦隊司令長官となり,7月8日サイパン島で自決。58歳。死後海軍大将にすすむ。山形県出身。海軍大学校卒。
格言など】今や止まるも死,進むも死(「サイパン島守備兵に与うる訓示」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

なぐもちゅういち【南雲忠一】
1887~1944 海軍軍人。山形県の生まれ。1941年(昭和16)、第一航空艦隊長官として真珠湾攻撃を指揮。ミッドウェー海戦で敗れ、のちサイパン島で戦死。死後、大将。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南雲忠一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

南雲忠一の関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北学習漢字東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation