@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単一【タンイチ】

デジタル大辞泉

たん‐いち【単一】
《「一形乾電池」の略》円筒形の乾電池の中でいちばん大きなもの。「単二」「単三」「単四」と、数字が上がるにつれて小さくなる。→乾電池[補説]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐いつ【単一】
[名・形動]
ただ一つであること。単独であること。また、そのさま。「単一な(の)行動をとる」
そのものだけで、他にまじりもののないこと。複雑でないこと。また、そのさま。「単一な(の)民族による国家」「単一生産」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐いち【単一】
〘名〙 (「単」はユニット‐セルすなわち結晶の意から) 円筒形の乾電池のサイズを示す通称で、いちばん大きいものをさす。「単二」「単三」と数字が上がるほど小さくなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐いつ【単一】
〘名〙 (形動)
① ひとつであること。ひとりであること。また、そのさま。
※舎密局開講之説(1869)〈三崎嘯輔訳〉「此単一の要旨、大に諸他に照応する源となれり」
② 複雑でないこと。同じ種類だけで、他にまじりもののないこと。また、そのさま。
※遠西医方名物考(1822)一「硫黄の性質単一無雑にして一個の元素なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単一の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation