@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単于【ぜんう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単于
ぜんう
Chan-yu; Ch`an-yu
匈奴国家の君主称号。5世紀の初め柔然の君主が可汗と号するまで,鮮卑 (てい) , (きょう) などの諸族でも用いられた。語源,意味は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんう【単于 chán yú】
匈奴の最高権力者の称号。匈奴遊牧国家の事実上の創始者である冒頓(ぼくとつ)(冒頓単于)のときから用いられ,その地位は部族連合体である匈奴の中核部族の攣鞮(れんてい)氏(虚連題氏)に独占された。単于の継承は先代の単于の遺言で決まる場合が多かったが,各部族集団の首長による合同会議で承認を受ける必要があった。その語源,語義については,《漢書》に〈単于は広大の〉と注することから,モンゴル語で非常に広大を意味するdeng ughu(現tong aghuu)にあてる説や,ギリシア語文献の音写から同じくモンゴル語の〈広いdelgüü〉に関連づける説など数種あるが,いずれも憶測の域を出ない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単于
ぜんう

匈奴(きょうど)の君主の称号。支配氏族である攣鞮(れんてい)氏に独占され、前の単于の遺言などによって継承者が決められたが、最終的には氏族長会議で承認された。そののち、鮮卑(せんぴ)、氐(てい)、羌(きょう)などの国家でも用いられたが、5世紀の柔然(じゅうぜん)以後、モンゴル高原の遊牧国家の君主はハガン(可汗)と称するに至った。単于の意味については、『漢書(かんじょ)』に「広大」を示すというが、これには異説もあり、定説とはなっていない。

[護 雅夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐う【単于】
〘名〙 匈奴(きょうど)の首長の尊称。
※太平記(14C後)三八「昔覇陵の李将軍と云ける大将、〈略〉単于と戦を決せんとしけるに」 〔史記‐匈奴〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

単于
ぜんう
匈奴 (きようど) の君主の称号
冒頓単于 (ぼくとつぜんう) のときから用いられ,のち鮮卑 (せんび) ・氐 (てい) ・羌 (きよう) などでも用いられた。柔然からは「可汗」が使われるようになった。「強大」「強盛」「広大」を意味するとされているが,定説はない。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐う【×于】
匈奴(きょうど)の君主の称号。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単于」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単于の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation