@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単位系【たんいけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単位系
たんいけい
system of units
少数の適当な基本単位と,物理関係式を用いて基本単位から組み立てられた組立単位とで構成された単位の体系。基本単位の選び方に応じて種々の単位系がある。物理学ではメートル法に基づいた単位系,すなわち力学に対する CGS単位系MKS単位系,これらを電磁気量にまで拡張した静電単位系電磁単位系ガウス単位系MKSA単位系がおもに用いられたが,MKSA単位系に温度,物質量,光度の基本単位を加えて,ほとんどすべての物理量の単位を包括したのが国際単位系 SIであり,単位系の主流となっている。特殊な単位系としては,基礎物理定数を基本単位に選んだ原子単位系原子物理学で,自然単位系原子核物理学素粒子物理学で用いられることがある。以上の単位系は絶対不変な基準から導き出されているので絶対単位系(→絶対単位)と呼ばれる。これに対し,重力単位系は用いられる場所の重力の強さによって変動する。変動はわずかであり,この単位系は工学・技術関係で広く用いられている。またイギリスやアメリカ合衆国などでは,ヤード・ポンド法に基づいた種々の単位系も用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

単位系
ある量体系に対して構成される単位の集合。量の体系は、選ばれたいくつかの基本量と、それらを組み合わせて表す多数組立量から構成される。これに対応する単位系は、独立次元を持つものとしてそれぞれに定義される基本単位と、それらの乗算除算の組み合わせによって定義される組立単位から構成される。
(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

たんい‐けい〔タンヰ‐〕【単位系】
基本単位と、それから導かれた組み立て単位との総称国際単位系(SI)・CGS単位系MKS単位系など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんいけい【単位系 system of units】
一定の関係によって互いに結びつけられた一群の単位の総称。長さの単位をメートル(m)と定めたとき,面積体積の単位をメートルと無関係に定めてもよいが,正方形の面積はの長さの2乗に比例し,立方体の体積は辺の長さの3乗に比例するという関係を仲介にして,面積の単位は平方メートル(m2),体積の単位は立方メートル(m3)と定めれば,3種類の量の単位の相互関係が整然ととらえられる。m,m2,m3という一群の単位は,単位系の簡単な例と解することができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たんい‐けい タンヰ‥【単位系】
〘名〙 幾つかの基本単位と、それから誘導された単位とから成る体系。国際単位系(SI)・MKS単位系・CGS単位系など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単位系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation