@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単原子分子【タンゲンシブンシ】

デジタル大辞泉

たんげんし‐ぶんし【単原子分子】
1個の原子でできている分子希ガスヘリウムネオンなど。一原子分子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんげんしぶんし【単原子分子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんげんしぶんし【単原子分子】
一個の原子がそのまま分子と見なされるもの。希ガスはその例。一原子分子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

単原子分子
たんげんしぶんし
monoatomic molecule
一原子分子ともいう。原子1個が独立した分子1個として挙動するときに単原子分子であるという。一般にはヘリウム、ネオン、アルゴンクリプトンキセノンラドン希ガス元素の単体や、水銀蒸気のように、安定した化学種となっている場合にいわれることが多い。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんげんし‐ぶんし【単原子分子】
〘名〙 原子一個のままで分子となっているもの。常温でこの状態になっているのは、ヘリウム、アルゴンなどのいわゆる不活性気体だけ。一原子分子。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

単原子分子
タンゲンシブンシ
monoatomic molecule

1個の原子からできている分子.2原子(diatomic),3原子(triatomic),多原子分子(polyatomic molecule)に対する用語.単原子分子からできている気体を単原子気体という.単原子分子とほかの分子との相違点は,前者の運動が並進だけであって,回転および振動がないことである.したがって,単原子気体のエネルギーや熱容量に対するこれら内部自由度の寄与がない.代表的な単原子気体はHe,Neなどの希ガスである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単原子分子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単原子分子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation