@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単層【タンソウ】

デジタル大辞泉

たん‐そう【単層】
一つの層で構成されること。「プラスチック単層シート」
地層区分の最小単位。上下層理面で限られ、岩質はほぼ均質で、厚さ1センチから1メートル程度の地層。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

単層
bed: 一様な岩石からなる板状の地層で上下の地層とは明瞭に区別できるもの.ライエルは堆積岩の層で単層(bed)とした[Lyell : 1838].
layer: 一様の岩石からなり,形成された面と基本的に平行に位置する板状の地層で,上下の地層とは岩質が異なり明瞭に識別できるものを単層という[Shrock : 1948, 木村ほか : 1973].単層(bed)はもとの堆積面に平行かそれに近い状態で集合配列したもので,一般的に岩質が特徴的な岩石の単位である.この岩石の層は基本的に一定か徐々に変化する物理的条件の下で形成された[Otto : 1938,Bockman:1956].layerという語は薄いbedに用いられるか,または層理(stratification)に平行に細分されたbedの部分に用いられる[Hatch : 1888].厚さにはきまりはないが,1cmが下限である[Mckee & Weir : 1953].一般に地層(stratum)と同じであるが,マッキーらによれば,1cm以上はstratum(=bed)で,1cm以下はlaminaである[McKee & Weir : 1953].おそらく地質学的な語として最も普通に使われたのは17世紀であろう.石材採掘場では岩石の単位としてよりは剥離面として用いられ,これがもともとの由来らしい[Arkell & Tomkeieff : 1953].バット(bat)も同義[Parkinson : 1804].
stratum: 一様な岩石からなる板状の地層で上下の地層とは明瞭に区別できるものにはbed, layer, stratumなど様々なものがある.マッキーたちは厚さを制限して,stratumはbedとlaminaを含むとしたが[McKee & Weir : 1953],ペイネはbedとstratumを同じとして,いずれも厚さが1cmよりも薄いとした[Payne : 1942].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんそう【単層】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単層
たんそう

地層を岩相単位で区分する場合に用いられる最小の単位。成層した地層のなかで、上下の地層と岩質の点で区別できるもので厚さ1センチメートル以上のもの。単層の中では岩質は均質であることが普通である。単層と単層の境界面を層理面という。単層内には、色調や粒径などで識別される葉理が認められることがある。単層は地層の対比に有効な鍵(かぎ)層でもない限り、命名されることはない。

[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐そう【単層】
〘名〙 一階建ての建物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation