@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単斜格子【たんしゃこうし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

単斜格子
たんしゃこうし
monoclinic lattice

結晶構造の表現のために、空間格子をブラベ格子に従って分類する型の一つで、単斜晶系に属する格子。単純単斜格子と底心単斜格子がある。体心単斜格子もありうるが、底心単斜格子に変換できるので、普通は底心単斜格子として扱う。

 格子の形には、主軸となる2回回転軸1本とそれに直交する鏡映面1枚があり、両者の交点は対称心となるが、現実の結晶では、原子配置から生ずる対称要素によって、三晶族(点群)、十三空間群のいずれかになる。主軸をb軸にとるかc軸にとるかによって、可能な底心格子が定まる。主軸がbc)軸ならCまたはABまたはA)底心格子がありうるが、BC)底心格子は体積が1/2となる単純単斜格子に帰結される。

[岩本振武 2015年8月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単斜格子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単斜格子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation