@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単板類【たんばんるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単板類
たんばんるい
Monoplacophora
軟体動物門単板綱の貝の総称。貝殻亜門 Conchifera (腹足類,頭足類,二枚貝類と掘足類を含むグループ) の祖先と考えられる類で,ネオピリナに代表される。殻は笠形,殻頂は前方に寄り,内面には通常8対の筋痕が並ぶ。軟体は背側から外套でおおわれており,外套腔内にはが5~6対ある。頭には口があるが,眼も触角もない。足は丸くて大きく,肛門は体の後端に開いている。また,体側神経と足神経の間は梯子形になっていて交差せず,10本の連絡神経で結ばれている。生殖腺が2対,鰓静脈が2対,腎臓が6対あるなど繰返し構造が多い。古生代カンブリア紀にすでに出現しており,デボン紀まで栄えたが,その後化石が発見されず,滅亡したと思われていた。しかし 1952年,パナマ沖で現生種が初めて発見され,今日までに太平洋,大西洋地中海,紅海,南極海などの水深 174~7000mの岩礫底または泥底から7属 20種ほどが報告されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんばん‐るい【単板類】
軟体動物門の一綱。カンブリア紀からデボン紀に栄えた貝類で、現生種にはネオピリナが知られる。単殻類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんばんるい【単板類】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単板類
たんばんるい

軟体動物門の一綱。この綱Monoplacophoraは古生代カンブリア紀からデボン紀まで栄えた仲間で、現生種はネオピリナ類3属12種で代表される。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんばん‐るい【単板類】
〘名〙 軟体動物門の一綱。カンブリア紀からデボン紀に栄えた貝類で、現生種にはネオピリナが知られる。単殻類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単板類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単板類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation