@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単独相続【タンドクソウゾク】

デジタル大辞泉

たんどく‐そうぞく〔‐サウゾク〕【単独相続】
一人の相続人単独遺産相続すること。長子相続末子相続など。→共同相続

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たんどくそうぞく【単独相続】
所領・財産を一人の相続人が相続すること。日本では、一三世紀末期にその端緒が認められる。 ⇔ 共同相続

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

単独相続
たんどくそうぞく
相続の形態の一つで、1人の相続人が遺産を単独で相続する形態をいう。複数の相続人が共同で遺産を相続する形態が共同相続とよばれるのに対して、単独相続とよばれる。日本の家督相続がそうであったように、被相続人財産だけでなく、身分上の地位をも相続人が承継する(身分相続)場合に、単独相続の形がとられる。しかし、単独相続が必然的に身分相続を意味するわけではない。だれが相続人となるかによって、長子相続、末子相続、姉家督などの形態がある。[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんどく‐そうぞく ‥サウゾク【単独相続】
〘名〙 一人の相続人が単独で相続すること。また、その形態。旧制の家督相続がその代表的なものとされたが、近代の財産相続においては一般に共同相続が認められている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

単独相続
たんどくそうぞく
被相続人の財産・地位などを単独で相続すること
日本では督と財産が相続の対象とされ,家督は長子単独相続が一貫して行われた。財産相続は,鎌倉時代まで分割相続が一般的であった。鎌倉末期になると,武家社会では所領細分化を防ぐため単独相続に移行し,惣領庶子を扶持する習慣は江戸時代まで続いた。そのため家督相続をめぐる争いは深刻さを増した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単独相続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単独相続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation