@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単眼【たんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単眼
たんがん
simple eye; ocellus
節足動物のうちおもに昆虫類にみられる小型の複眼とともに存在するかまたはこれに代るものとして存在する。多くは頭部に3個が三角形に位置している。構造は複眼の個眼に類似し,特に明暗に反応する器官とされている。昆虫類以外ではクモ類,多足類,カブトガニなどにもあり,クモ類では頭胸部背面に8個存在する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐がん【単眼】
水晶体とその下方の小網膜とからなる簡単な目。節足動物多足類クモ類・昆虫類などにみられる。⇔複眼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんがん【単眼】
昆虫の成虫にみられる複眼とは異なる簡単な構造の眼や,完全変態する昆虫の幼虫の眼を単眼ocellus(複数形はocelli)という。成虫単眼は背単眼dorsal ocellus,幼虫単眼は側単眼lateral ocellusともいう。成虫単眼は前額部に2個または3個ある。一つの単眼は一つのレンズの下に多数の視細胞が集まり,これがすぐに数個の二次ニューロンとシナプス結合して収れんするので形態視や運動視の機能はなく,ただ明暗が識別できるだけである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単眼
たんがん

節足動物とくに昆虫にみられる小形で単純な形の目をいう。昆虫には大形のよく発達した複眼があり、この単眼をあわせもつものが多い。昆虫の成虫の単眼は背単眼とよばれ、三角形に配置された3個からなり、そのうちの頂点にある1個は2個が融合したものである。単眼は外側から、レンズ状のキチン角膜、角膜形成層、数個の視細胞が感桿(かんかん)を囲んでできた小網膜からなる。明暗によく反応し、光の有無や明暗周期の検知器官として働いていると考えられている。幼虫の単眼は側単眼といわれ、成虫の複眼にあたる。昆虫以外では、クモ類、多足類やカブトガニにもみられ、甲殻類の幼生のノープリウス眼も単眼である。

[高橋純夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐がん【単眼】
〘名〙
① 一つの目。また、片方の目。隻眼。独眼。
② 昆虫類、クモ類、多足類などの節足動物にみられる簡単な構造のレンズをそなえた小さな目。昆虫では一対の複眼の間に通常三個の微小な単眼があり、光の明暗を感じる働きをする。
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉下「蜂は額の前面に瑩玉の如く見ゆる所の単眼三個ありて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単眼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単眼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation