@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単純性紫斑病【たんじゅんせいしはんびょう】

家庭医学館

たんじゅんせいしはんびょう【単純性紫斑病】
[どんな病気か]
 しばしば皮下出血(ひかしゅっけつ)をおこし、紫斑ができますが、ほかには出血傾向(しゅっけつけいこう)(「出血傾向とは」)がなく、血液の凝固能(固まる力)にも異常がないものです。
 若い女性に多くみられ、脚(あし)や臀部(でんぶ)によくおこるのですが、本人にはぶつけたような記憶がないのがふつうです。
 単純性紫斑病そのものは、まったく心配する必要のない状態で、治療も必要ありません。
 しかし紫斑は、血管や血小板(けっしょうばん)の異常など、重い病気の前ぶれのこともあり、検査してみないと、心配のいらないものか、治療の必要があるものかわかりません。
 また、軽症の血小板機能異常症(けっしょうばんきのういじょうしょう)(「血小板機能異常症」)を単純性紫斑病と見誤っている可能性もあります。
 したがって、しばしば紫斑ができるようなら、一度は血液専門の医師の検査を受け、とくに異常がないことを確かめておくべきでしょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

内科学 第10版

単純性紫斑病(単純性紫斑病・老人性紫斑病)
概念
 若年女性に好発する原因不明の紫斑で,四肢,胸部,臀部などにみられる.通常紫斑が唯一の症状でほかに出血症状を認めない.
病態
 血管の脆弱性亢進が原因と考えられている.過労,月経と関連があり,ホルモンの血管への影響が想定されている.
臨床症状
 点状出血,斑状出血をみる.通常隆起を伴わないnon-palpable purpuraであり,刺激の受けやすい部位に多い.devil pinches(悪魔につねられた跡)などとよばれることもある.下肢の深在性紫斑であるDevis紫斑(遺伝性)なども単純性紫斑に含まれる.
検査成績
 止血機能に異常を認めない.すなわちスクリーニング検査(血小板数,APTT, PT)は正常である.出血時間も正常範囲である.Rumpel-Leede試験が陽性となることがある.
診断・鑑別診断
 皮疹の状況,発症状況などを考慮して診断する.止血学的検査で異常がないことが重要である.Henoch-Schönlein紫斑病,薬疹,壊血病,von Willebrand病(タイプ1),特発性血小板減少性紫斑病などと鑑別を要する.
経過・予後
 紫斑は自然消退し予後は良好であるが,再発は多い.
治療
 積極的な治療は必要としない.[村田 満]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

単純性紫斑病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単純性紫斑病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation