@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単純温泉【たんじゅんおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単純温泉
たんじゅんおんせん
simple waters spring
温泉一種日本薬学会定義によれば,25℃以上の温度もち,遊離炭酸および固形成分の含有量が水 1kg中に 1g未満のもの。国によってこの定義は異なるが,日本では道後 (愛媛県) ,浅間 (長野県) など単純温泉は多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんじゅん‐おんせん〔‐ヲンセン〕【単純温泉】
泉質の一。1キログラム当たりの溶存物質量が1グラム未満の温泉。刺激が少なく、病後の健康回復などに向く。単純泉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんじゅんおんせん【単純温泉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単純温泉
たんじゅんおんせん

溶存物質量(ガス成分を除く)が温鉱泉1キログラム当り1グラム未満で、泉温が25℃以上の温泉。以前は単純泉とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により単純温泉となった。塩分含有量は一般地下水(100~300ミリグラム)よりも多少多い。日本の温泉の約30%を占め、非火山性の温泉に多い。pH8.5以上のものはアルカリ性単純温泉という。ほかの含有成分、たとえば二酸化炭素、硫黄(いおう)、放射性物質を規定以上含むと療養泉となる。日本の代表的なものは栃木県の塩原温泉、静岡県の伊東温泉、神奈川県の湯本温泉などである。

[綿抜邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単純温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単純温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation