@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

単量体【たんりょうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

単量体
たんりょうたい
monomer
高分子化合物の構成単位。モノマーともいう。ポリスチレンスチレンの重合反応によって得られる高分子化合物であるが,この場合,スチレンが単量体である。天然の縮合型高分子であるセルロースの単量体はD-グルコース残基と考えることもできる。特に合成高分子の場合は,重合反応によって重合体を合成する場合の出発物質をさす。重合や会合などで高重合体でなく,二量体などができる場合でも,その基本化合物を単量体という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんりょうたい【単量体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

単量体
たんりょうたい
monomer

一般になんらかの反応(重合反応とよんでいる)で重合体polymerをつくる単位の分子をいう。モノマーともよばれる。二量体dimer、三量体trimer、重合体などに対する語。

 その種類も非常に多く、α‐オレフィン、ビニル化合物、ジエン類、アセチレン類、アルデヒドなど二重または三重結合の開鎖によりポリマーをつくるものや、酸素や硫黄(いおう)、窒素の入った環状エーテル、ラクトンやラクタムの開環重合を行う単量体、ジアミンやジカルボン酸、グリコールなどの重縮合反応を行う単量体、脱水素や脱炭酸ガスを伴いつつ重合するような単量体など多彩である。

[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんりょう‐たい タンリャウ‥【単量体】
〘名〙 重合反応で重合体をつくるときの出発物質となる低分子量の化合物。天然にある高分子化合物の基本の単位になっている化合物にもいう場合がある。たとえばポリエチレンにおけるエチレン、天然ゴムにおけるイソプレンなど。モノマー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

単量体
タンリョウタイ
monomer

モノマーともいう.二量体三量体ポリマー(polymer)などに対する用語であって,なんらかの反応でこれら重合体を生成しうるものを総称していう.通常はポリマーの原料として使用する低分子量化合物をいい,α-オレフィン,ビニル化合物,ジエンアセチレン類,アルデヒドケトンなど二重結合あるいは三重結合の開鎖によってポリマーを生成するもの,環状エーテル,環状酸無水物,ラクタムラクトンなどの開環重合の原料となるもの,ジアミンジカルボン酸,二価アルコールなどの縮合反応によってポリマーを生成するもの,そのほかジアゾメタンなどが単量体とよばれる仲間に入る.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんりょう‐たい〔タンリヤウ‐〕【単量体】
重合体の構成単位となる低分子量化合物。モノマー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

単量体
 →モノマー

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単量体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

単量体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation