@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

博多人形【はかたにんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

博多人形
はかたにんぎょう
博多特産の土人形博多近郊の粘土を原料とした素焼の人形に,泥絵具で着色したもの。慶長5 (1600) 年黒田長政福岡城築造のとき,職人正木宗七余技に人形を作って献じたことに始るといわれる。制作工程には,型作り,生地作り,焼成,彩色などがあり熟練を要する。人形の種類は多く,美人もの,男もの,子供もの,そのほか歌舞伎から取材したもの,浮世絵ものなどがある。伝統に裏づけられた優美な美術工芸品として,今日も人気を博している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

博多人形
約400年前から福岡市近郊の粘土を用いて作られている素焼きの人形で、明治期に「博多人形」と呼ばれるようになった。原型を作って石膏(せっこう)で型を取り、型に粘土を押し詰めて人形の形を作る。乾かして焼き上げ、絵の具で着色する。題材は美人や歌舞伎・能の場面に加え、最近は干支(えと)の人形も多い。博多人形の一流を持つ伝統工芸士は49人。
(2006-02-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

はかた‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【博多人形】
博多地方から産する人形。粘土を素焼きにして彩色を施したもの。能・歌舞伎・浮世絵などから取材したものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はかたにんぎょう【博多人形】
九州博多(福岡市)産の土人形。博多近郊の粘土を原料とした素焼きの人形に,泥絵具などで着色したもの。1600年(慶長5)藩主黒田長政がこの地に移封されて福岡城を築いたとき,瓦師正木宗七が城の瓦を焼いた余技に残りの土で人形を焼き,藩公に献上したのが起りとされる。正木家は以後,代々藩の御用焼物師としておもに実用品製作の家業を受け継いだ。文政年間(1818‐30)4代宗七のとき親交のあった人形師,中ノ子吉兵衛が宗七焼の陶芸技法を生かして土人形を製作し,今日の博多人形の始祖となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

博多人形
はかたにんぎょう

福岡市(博多)産の土人形。一般に博多人形とよばれているものは、博多近郊の粘土を材料とし、人物を彫塑(ちょうそ)して素焼にしたものを泥絵の具などで着色して仕上げた作品である。浮世絵、能、歌舞伎(かぶき)などから取材した伝統的な造型のほか、現代風俗を扱ったものもある。優雅な美術工芸品で、博多名物の一つとして全国的に知られ、海外にも盛んに輸出されている。これらの作品は「新博多人形」として売り出されてきたもので、それ以前には「古博多土人形」ともいうべき作品群が存在した。

 その発生は1600年(慶長5)藩主黒田長政(ながまさ)の福岡築城の際に、瓦(かわら)職人正木宗七が、余技に陶製人形をつくって藩公に献上したのがおこりとされている。文政(ぶんせい)年間(1818~30)4代宗七のころ、親交のあった人形師中ノ子吉兵衛(なかのこきちべい)が、宗七焼きの技法を生かして土人形製作を創案、いまの博多人形の始祖となった。明治中期から末期には鑑賞用の飾り人形が主流となった。海外市場も開発されて、郷土玩具(がんぐ)の域を脱した存在に発展した。江戸時代の伝統をもつ古博多土人形は、中ノ子吉兵衛の後継者によって現在同県春日(かすが)市でつくられている。代表的な作品に「笹野(ささの)才蔵」がある。若衆姿の剛勇の士が御幣を持った猿を抱いた姿で、才蔵が痘児(とうじ)を全快させた故事から、これを子供の疱瘡除(ほうそうよ)けとする風習がある。ほかに、鯛(たい)抱き、土笛、土鈴、節供人形などがある。

[斎藤良輔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

博多人形[人形・玩具]
はかたにんぎょう
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
福岡県福岡市及びその周辺地域で生産される人形。1601(慶長6)年、初代福岡藩主・黒田長政による福岡城築城の際、粘土瓦を材料として瓦職人が人形を焼いて献上したのが始まり。江戸時代後半に正木宗七や白水武平などの名工が活躍、全国に流通するようになった。白い素焼に繊細な筆使いで着色された土人形である。海外へも輸出されている。1976(昭和51)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2006(平成18)年12月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5009422号。地域団体商標の権利者は、博多人形商工業協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はかた‐にんぎょう ‥ニンギャウ【博多人形】
〘名〙 博多地方から産する粘土製の人形。精巧な彩色を施したもの。慶長(一五九六‐一六一五)の頃にはじまるという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博多人形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

博多人形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation