@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

博多辛子めんたいこ【はかたからしめんたいこ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

博多辛子めんたいこ[加工食品]
はかたからしめんたいこ
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
辛子めんたいことは、すけとうだらの卵巣唐辛子を主原料とする調味液などで味付けしたもの。17世紀頃には朝鮮半島で広まっていたとされ、昭和の初期頃から日本に輸入されるようになったという。博多の名産品となったのは、朝鮮で育った株式会社ふくや創業者・川原俊夫が第2次世界大戦後に博多に引き揚げ、1949(昭和24)年頃から博多中洲で販売してからのことである。1976(昭和51)年に新幹線が博多へ乗り入れると、博多の名物として全国的にその名が知られるようになった。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博多辛子めんたいこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

博多辛子めんたいこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation