@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

博文館【はくぶんかん】

世界大百科事典 第2版

はくぶんかん【博文館】
1887年,大橋佐平が東京本郷で創業した出版社。創業にあたり,集録雑誌《日本大家論集》を創刊し,驚異的成功を収めた。ついで各種の雑誌を創刊し,雑誌出版を事業の柱の一つとした。なかでも高山樗牛主幹とする総合雑誌《太陽》(1895創刊),巌谷小波編集の《少年世界》(1898創刊),硯友社と結んだ《文芸俱楽部》(1895創刊),田山花袋編集の《文章世界》(1906創刊)などが著名である。一方,全書・双書類を中心とする書籍出版にも進出,《実地応用・技芸百科全書》全61巻(1889‐93)をはじめとして,《日本文学全書》全24冊(1890‐91),《帝国文庫》正続100巻(1893‐1902)などを連続的に出版したが,とくに博文館の声価を高めたのは《帝国百科全書》全200巻(1898‐1909)で,10年の歳月をかけた大出版であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

博文館
はくぶんかん
1887年(明治20)大橋佐平(1835―1901)が創業した出版社。ベストセラーとなった創刊雑誌『日本大家論集』をはじめ、高山樗牛(ちょぎゅう)の編集による総合雑誌『太陽』や、尾崎紅葉、川上眉山(びざん)、大橋乙羽(おとわ)、広津柳浪(りゅうろう)ら硯友社(けんゆうしゃ)一派をおもな寄稿家とした『文芸倶楽部(くらぶ)』、童話作家巌谷小波(いわやさざなみ)の編集による『少年世界』など、明治期だけで60余種の雑誌を創刊。それまでの政論新聞や啓蒙(けいもう)的な雑誌に対して、大衆的な商業雑誌として読者の拡大と大量販売に成功した。叢書(そうしょ)の出版は、「帝国文庫」「帝国百科全書」「教育全書」「工業全書」「農業全書」など、今日の全集シリーズ本の原型といえるあらゆる種類の逐次刊行物を次々と発行した。単行本は、政治、法律、経済、理工学、医学、語学、文学などの分野にわたり、学術書、啓蒙書、実用書などの形式で、1947年(昭和22)の廃業までに約3000点を発行、近代出版界において博文館時代を築いた。2代目館主大橋新太郎は、印刷(博文館印刷所。現共同印刷株式会社)をはじめ洋紙店、取次販売業、広告代理店の諸部門を掌握し、出版企業の合理化に成功したが、1902年(明治35)に衆議院議員に当選する一方、東京瓦斯(ガス)をはじめ20余の会社法人の代表を務めるなど政財界への進出と、大正から昭和の初頭にかけて他新興出版社の台頭もあって、一世を風靡(ふうび)した出版王国もしだいに退潮していった。現在は『博文館日記』などを発行している博文館新社と、農業関係書などを発行している傍系の博友社が残っている。[大久保久雄]
『坪谷善四郎編『博文館五十年史』(1937・博文館) ▽坪谷善四郎編『大橋佐平翁伝』復刻版(1974・栗田出版会) ▽坪谷善四郎著『大橋新太郎伝』(1985・博文館新社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博文館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

博文館の関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation